【初心者が稼げない典型例】ブログアフィリエイトの収益化が難しい3つの理由と3つの対策

更新日:

 

ブログ始めたのに稼げません!

何をどうすればいいんですか?

 

説明するヒヨコのイラストこの記事では、そんな方に向けて「初心者にお伝えしたいホントのところ」をまとめてみました。

 

✅この記事の内容

  • 初心者が稼げない典型例を3つ
  • ブログ収益化が難しい理由を3つ
  • ブログ収益化に必要な対策を3つ
  • 初心者にありがちな誤解

ブログで収益が出るまでは「しばらくのタダ働き期間」が必要です。

ちょっと身構えるかもですが、その理由と対策がわかればスッキリしますよ。

 

月間5万円ブロガーのAI(あい)です。

統計によると、ブログで「月間1万円以上」稼げている人は、全体の「13.1%」だそうです。

弱小な私は2年かけてそのレベルに到達。

地味ぃ〜に、でも「堅実に」稼げる庶民向けのノウハウを公開中です!

3年目に入った私のブログ成績は月間5万PV

Google analytics画像

このレベルだと「Googleアドセンス」なら1万円の収入です。

Google AdSenseの分析

そして「Amazon」「楽天」「Yahoo!」の商品レビュー記事で月2万円ほど。月間150件ほどの申込みが入ってそれくらいです。

あと、月「10〜20件」程度のアフィリエイトが発生して2〜5万円。単価が高いココが伸びれば、月50万とかいくんだと思います。

アフィリエイト収益発生の分析 ブログの月間収益クイックレポート

収益が出始めて半年ほど経ち、累計50万円ほどが口座に振り込まれています。

PCかスマホがあれば最低ここまではいけます。

リスクはゼロで「増える可能性しかない」アフィリエイトは気楽な副業に関心がある人におすすめ。

興味が出てきた人向けに「初心者がハマりやすい落とし穴」を中心にガイドしますね。

※この記事は、「全く」稼げなくて悩んでいる人も参考になると思います。

初心者が稼げない典型例

【稼げない典型例その1】時間がかかる

ブログ収益化は「難しくはない」ですが、収益が出るまで「時間がかかります」。

報われない時期が最初に来るので、途中離脱してしまう人が多いです。

考えるヒヨコのイラストでも「時間がかかる」ってどれくらいなんでしょう?

あるアンケート調査によると(アフィリエイトマーケティング協会の統計)

「2年未満の経験者」で「収入はない」と答えた人の割合が「74.8%」。

私も、1年くらいかけて100記事以上を書いたものの、まさにこのアンケートどおり。

当初は「収益ほぼ無し」の状況が続きました。

まずは一つ目の結論として「稼げない期間」が最初に1年単位で待っているという現実をおさえておきましょう。

 

※稼げない期間の実態調査がこちら
👉毎日どれくらいブログ作業やってる?のアンケート結果

 

【稼げない典型例その2】我流になる

2つ目の典型例は「簡単に稼げるやり方」があるのに、それを知らないままブログを続けてしまうことです。

特に、いきなり収益狙いのアフィリエイトに走ってしまうと、難易度が高くてほぼ稼げません。

 

👉アフィリエイトとブログって何が違う?

 

逆にAmazonや楽天の「物販記事」などは月に数万円程度なら「安定して」稼げます。

やり方も割と簡単で、大きくは稼げませんが、習得してしまえば早い段階で安定収入になります。

 

  • 稼げる「簡単な方程式」に、
  • 機械的に当てはめるだけでいい

ということに「いつ気付くか」、ここが最初の大きな分かれ目になります。

 

※ここは重要なポイントです
👉物販記事の書き方は?

 

【稼げない典型例その3】内容にこだわる

3つ目の典型例は、記事の内容にこだわってしまうことです。

記事の内容よりも「記事の構成」の方が重要です。

👆ココはなかなか重要ポイント。

 

ブログで収益が出るようになるには、読者数を増やす必要があります。

そして、読者を増やすには、検索エンジンに表示される必要があります。

検索エンジンに表示されやすい記事とは、ちゃんとした「構成」になっている記事。

※「構成」ってこの記事で言えばココ👇のこと

「構成」が重要な理由は、記事の検索順位は、Googleの「プログラム」で判断されるからです。

※Yahoo!もGoogleと同じプログラムです。

魅力的な文章力や、センスある表現力は、プログラムでは優劣をつけられません。

でも、質の高い「構成」は、プログラムでジャッジされやすいです。

 

※「構成」にまだピンとこない人はこちら
👉【検索表示されやすい方法は?】「h2」と「h3」をルール化したら収益化できた例

 

考えるヒヨコのイラスト次は「収益化の壁」について見ていきましょう。

ブログ収益化が難しい理由を3つ

私も1〜2年くらいは、

呆然とするヒヨコのイラスト「収益化できる日なんてホントに来んの?」

と不安でした。

特に難しいと感じたのが次の3つ。

  • 検索エンジンに「全く」表示されない
  • 検索エンジンに「上位」表示されない
  • ユーザーに広告がクリックされない

詳しくみていきます。

【収益化が難しい理由その1】検索エンジンに「全く」表示されない

どれだけスゴ技を使っても、個人の新規ブログがGoogleにインデックス(※)されるまでに3ヶ月以上はかかります。

※インデックス=検索エンジンに登録されること

理由は、Googleはもはや「社会インフラ」だから。

今この瞬間にも、世界中で数億人規模で検索がされています。

そんな巨大インフラに表示されるには、一定の信頼性が要求されます。

よくわからない「新規の」「個人サイト」を表示させる必要性は、Googleにとっては全くありません。

なので、

  • ちゃんとした記事を、
  • 数多く、
  • 長期間、

投稿し続けて、ようやく検索表示に値するサイトとして認知されます。

その期間が数ヶ月です。

その間は「検索圏外」、ほぼ読者はいない状況です。

【収益化が難しい理由その2】検索エンジンに「上位」表示されない

  • ちゃんとした記事を、
  • 数多く、
  • 長期間、

投稿していれば、そのうち問題なく検索エンジンにインデックスされ始めます。

 

とはいえ、ようやくGoogleにインデックスされはじめたものの、3ページ目とか、5ページ目での表示という状態がしばらく続きます。

このレベルだと、まだまだ訪問者は発生しないので、引き続き試練の時期は続きます。

なので、ここでまた脱落する人が多くなります。

 

でも、検索表示されたということは、とりあえずは「重い扉が開いた」のと同じです。

インデックスさえされれば、収益が発生するのは時間の問題!

ここからは、適切な対策をすれば徐々に順位が上がっていくんです!

その方法は後述しますね。

【収益化が難しい理由その3】ユーザーが広告をクリックしてくれない

記事を量産し、対策を重ねていくと、検索順位が上がってきます。

検索10位くらいに表示される記事が数件出てくると、読者数はポツポツと増え、月間1,000PV(※)くらいの実績が出始めます。

※「PV」=ページビュー

ところが、このレベルだと、広告がクリックされて申込みにつながることは、まだほぼ無しです。

その理由は、私の実感だと、個人ブログの広告クリック率は「3%」程度だからです。

その「3%」のうち、商品を申し込んでくれる確率が、さらにその「3%」といった感じです。

そんな感じなので、またここが脱落ポイントになるんです。

 

でも、例えばこのブログの場合、約50,000PVです。

その「3%」のさらに「3%」の申し込みで、大体40〜50件前後の成果が見込めます。

それで、毎月の収益が3万円〜5万円といった感じになります。

 

説明するヒヨコここで一つの結論が見えてきます。

広告のクリック率は「数%」が標準的。

なので逆算すると、最初の頃は月間10,000PVが当面の目標値と言っていいでしょう。

月間10,000PVくらいになると、毎月数千円程度の収益が発生し始めてくる肌感です。

 

皮算用するヒヨコのイラストさて、ここからが本題。

収益化に必要な対策です。

ブログ収益化に必要な対策を3つ

【収益化に必要な対策その1】検索エンジンに登録する方法

まずは、

「Googleにインデックス登録をリクエストする」

この手続きを忘れないようにしましょう。

これは、自分から主体的にGoogleにサイトアピールするようなものです。

これをやっておかないと、いつまで経ってもGoogleはサイトの存在を認識できず、検索表示されないからです。

 

※登録方法はこちら
👉ブログを検索エンジンに載せる初期設定は?

 

【収益化に必要な対策その2】検索エンジンに上位表示される方法

「検索表示されているのに順位が低い」

これで悩み続け、結果、フェードアウトしてしまう人がかなりいます。

 

でも、実は、こうなった場合は、ヘコむのではなく、「チャンスのタイミング」なんです!

検索表示されただけで、初級ステージをクリアできているからです!

そしてその記事に手を加えれば、そこから上に伸びるんです!

 

具体的には、しばらくはその記事を集中的に「リライト」。

リライトの視点は、「記事の内容」に手を加えるのではなく、

  • 「記事のタイトル」
  • 「記事の構成」

この2点に注目すること。

 

そしてリライト後は、順位の変動を追い続けましょう。

 

※順位の確認の仕方はこちら
👉ブログ検索順位の調べ方は?

 

リライトがベストフィットに近づけば、一気に順位が上がりますよ!

「順位が上がる日」は👇こんな風に、ある日突然来ます!

Googleサーチコンソールの画像

※リライトのノウハウを知りたい方はこちら
👉リライトの具体的なやり方は?

 

【収益化に必要な対策その3】広告をクリックされる方法

「広告はクリックされません」

これが大前提です。

YouTubeで広告が表示されるとイラっとするのと同じです。

 

そこで重要になってくるのが「サイト構成」。

例えば、あるテーマで「10記事」投稿するとします。

そのうち、8割〜9割は、読者への情報提供に徹した記事にしましょう。

  • 広告がない記事
  • 読者だけが得をする記事

ひたすらこれを書き続けます。

そして、記事内容に信頼してくれた読者に対して「収益記事」へのリンクを貼っておきます。

「この商品が気になった人は、こちらの記事をどうぞ」といった道案内ですね。

当然、その先の訪問記事には、広告がたくさんあっても何の違和感もありません。

読者は、自然と広告を受け入れるので、申し込みのアクションにつながりやすくなります。

 

※この点を丁寧に掘り下げた記事はこちら
👉ブログで着実に稼げる読者心理のコツを6つ公開

 

記事を書くヒヨコのイラスト最後に、ちょっとした誤解を招きそうなトピックをまとめておきますね。

 

初心者にありがちな誤解

【誤解その1】Googleアドセンスに合格すれば収益化できる

Googleアドセンスとは、自動的にユーザーに合う広告表示をしてくれる仕組みですね。

広告が「クリックされるだけで」数円〜数百円、記事のオーナーに報酬が入ってきます。

このクリック型のアドセンス収入は、手軽で簡単収入の典型例です。

 

でも残念ながら、報酬は低くて、私の場合の過去データは次のとおりです。

月間10,000PVの頃:1,000円程度
月間30,000PVの頃:5,000円程度
月間50,000PVの頃:10,000円程度

 

とここで「低いけど、無いよりマシでは?」と思われるかもしれません。

でも、それも誤解です。

理由は、このアドセンス広告が、本命のアフィリエイト広告をむしろ邪魔をしていることもあるからです。

アドセンス表示を「控えめに設定した方が」、本命の広告の方をクリックしてくれやすい、といった逆転現象があることも知っておきましょう。

【誤解その2】人気ジャンルは厳しい

人気ジャンルって、例えば、美容・コスメ・グルメ・エステ・転職・金融といったジャンルのことです。

これらの人気ジャンルで稼ぐことは、

「難易度が高い」

と言われています。

 

ところが冷静に考えると、大きく稼げなくてもいいのが初心者。

競合ひしめく中、検索順位は低くてクリック率が1%あれば、

そもそも膨大な検索ボリュームの中での1%

なので訪問者の「絶対数」は初心者にとって十分な数になります。

私の場合「マイナージャンルで検索上位」の記事よりも、「メジャージャンルで検索下位の記事」の方が、収益が多いケースもあります。

 

※この点だけに焦点を当てて詳しく解説した記事がこちら
👉ブログは上位表示されなくても収益化できる例

 

【誤解その3】文章力がないから向いてない

文章力はあまり関係ないです。

アフィリエイトは、それよりも「検索表示されやすいコツ」の方が重要。

上述のように、

  • 検索表示されるための基本方程式を淡々と実行する。
  • サイト構成をじっくりと練って投稿する。

といった点がポイント。

ブログは小説や論文じゃないので、魅力的な文章力よりも、検索エンジン目線に立った「コツ」の方が重要です。

あとは、読者の役に立つ「事実」と「情報」が備わっていれば、極端な話、箇条書きに近い文章でも、高いクオリティの記事になり得ます。

【誤解その4】パソコンに詳しくないから向いてない

パソコンに自信がなくても大丈夫です。

どんな人でも稼げない期間が半年以上あります。

なので、知識がない人ほど、その期間にパソコン力は「急角度で」成長すると思います。

特にWordPressとの二人三脚が続くので、同時にIT力もつきますよ!

むしろ、そういった成長記録自体を、ブログネタの素材として蓄えておきましょう。

濃い経験は、何でもブログのネタになります!

そして、「収益」という形でリターンにつながります。

【誤解その5】今さらブログは出遅れているから稼げない

この印象は、10年以上前からずっとあるみたいです。

早い遅いは関係なく、今も昔も7割くらいの人が「収益化できる前に」フェードアウトしているのが現実。

そんな7割の人たちの声が「今さらブログ始めても稼げない」という多数派の声になっているんだと思います。

私は2021年からブログを始めて稼げるようになりました。

もちろん、最近始めたばかりの人で、稼げている人が続出しているのも事実です。

 

※アンケートによる実態調査はこちら
👉ブログ脱落者の割合はどんな感じ?

 

【誤解その6】アフィリエイトは怪しい

アフィリエイトは怪しくないと言い切れます。

稼いでいる記事って、GoogleやYAHOO!で検索表示されている記事です。

つまり、知りたいことを検索する世界中の人たちの役に立っているんです。

役に立たない記事は、Googleブランドの信頼性にも影響します。

なので信頼性の低いアフィリエイト記事は排除されていて、そもそも検索表示されません。

【誤解その7】アフィリエイト副業は会社にバレる

適切な対策をしていればバレません。

その対策の一つとして「住民税」の仕組みを押さえておくことが必須です。

仮に、基本給以上の副収入が出てくると、本給とアンバランスな「住民税」を給料から差し引くことになり、人事部に「あれ?」と目をつけられるからです。

レベル感としては、本業の半分くらい稼げるようになったら、「それが反映される『翌年6月』からの住民税」に注意した方がいいでしょう。

その際は、「普通徴収(自分で住民税を納める手続き)」に切り替えておけば問題はクリア!

制度の問い合わせ窓口は「自分の住んでいる市区町村」の「住民税課」です。

そこで制度や手続きを押さえておいて、あとはシレッと会社の人事部に申請すればOK。

※ちなみに、副業による「所得税」は、その分だけを自分で確定申告するので、会社を通さないから心配不要です。

 

以上です!

この記事と同じくらいのレベル感で、私がアフィリエイトで稼げるようになった»2年間のノウハウを公開中です!

まずは月間5万円レベルを目指したい「慎重な」人なら、きっと参考になるはず!

👉【地味だけど5万円!】ブログアフィリエイトの始め方とコツを6つだけ公開

 

この記事の中で紹介したリンク先をまとめておきます!

この記事で紹介したリンク







-Blog
-

Copyright© AI Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.