Amazon定期おトク便とは【落とし穴に注意!】「送料以外に気をつけたいことがあります!」

更新日:

 

「Amazon定期おトク便とは【落とし穴に注意!】「送料以外に気をつけたいことがあります!」」のバナー画像

 

 

Amazonで買い物中に、何となしに出てくる「定期おトク便」。

 

ん? 安くなる?これ。

 

いやいや、でも手数料がかかるみたいだね、、

 

と、よくわからないまま10秒スルー、、

 

 

 

この記事を読んで、これまでよくわからないままでいた「定期おトク便」のことをスッキリ理解しましょう!

 

3分で読める記事。簡潔に、ポイントをしぼってまとめていますので、是非参考にしてください!

 

 

 

結論は、

 

「お得で便利なサービス」

 

ですが、

 

「管理に気をつかうサービス」

 

です。

 

 

では、順を追ってみていきましょ〜

 

【定期おトク便】サービス内容

Amazon「定期おトク便」は、例えるなら、雑誌の定期購読のようなもの。

最近の例で言ったら、ウォーターサーバーのような感じでしょうか。

一度購入すれば、2回目以降は何もしなくても自動的に届けてくれるサービスですね。

いわゆる「サブスク」(サブスクリプション)です。

 

 

お米や缶ビール、歯磨き粉や美容クリーム、コンタクトケアや浄水器フィルターまで、いわゆる消耗品を中心に人気のサービスです。

 

 

 

【定期おトク便】値段は?

定期おトク便だけなら割引率は最大10%

ですが「定期おトク便」として以外にも色々と他の割引が適用されやすく、結果としてもっと安く購入できることも多いです

 

例えば「綾鷹 525mlPETボトル」。

「定期おトク便」として購入すれば1本あたり70円代で購入できたりします。

 

その仕組みは、

  • 「定期おトク便」として購入すれば、「最大」10%の割引
  • 3件以上のまとめ買いでさらに3%割引
  • さらにクーポン適用

と割引を積み重ねていけるからです。

 

【定期おトク便】割引の仕組み

「定期おトク便」として購入するだけで最大10%割引

「定期おトク便」として購入すれば、「最大」10%の割引。

 

ですが、みなさん「最大」という言葉が引っかかりますよね。

この点は、実際の印象としては5%割引が多いかな、という印象です。

 

とはいえ、決して10%割引が少ないわけでもありません

それなりに10%割り引かれている商品も多いです。

 

まとめ買い割引

3件以上のまとめ買いだと、さらに追加で5%の割引が適用されます。

例えば、3件で合計3,000円、計15%引きが適用されたとすると、450円引きで2,550円になりますね。

 

なお、3件割引に該当しないものもある、とAmazonのヘルプサイトには記載されていますのでご注意を。

カテゴリーが「おむつ・おしりふき」「飲料」「ベビーフード」となっているものは、まとめ買いの割引対象になりません。

ただし、3件配送の「件数」にはカウントされます。

つまり、他のものは割引されます。

 

⬆︎ここ、ややこしいですが、もう一回読み返すと理解できると思います

 

クーポン適用割引

パントリーでの注文を確定する前に、ショッピングカートのページ内の画面をよく注意して見ましょう。

結構な確率で、価格の下に、

「クーポン」

という表示が出ます。

そこをただ単にクリックするだけで割引価格が適用されます

特別な条件や手続きは必要なし。

 

本当にただクリックするだけで割引が適用されます

 

Amazonのクーポン適用画像

 

【定期おトク便】として購入すれば送料無料

定期おトク便として購入すれば送料無料

定期おトク便として購入すれば送料が無料になります。

より具体的には、

  • 一般会員で2,000円「以下」の買い物の場合でも配送料が無料
  • 2,000円「以上」ならもともと誰でも送料無料
  • プライム会員はもともと全ての送料が無料

という仕組みです。

 

【定期おトク便】期間は?

「定期おトク便」は定期的に購入することが条件。

ですので、配達の期間を指定しなければなりません。

 

1ヶ月に1回、とか、3ヶ月に1回、といった感じですね

 

その期間は、1か月から6か月ごとのうち、自分で希望する配達頻度を選択可能。

もちろん、配送頻度はいつでも変更することができます。

 

【定期おトク便】支払いは?

支払いはその都度です。

まとめて一括払いではありません。

発送済みの注文のみ、支払う形になります。

クレジットカードでの支払いはもちろん、クレカに抵抗がある方なら、代金引換でも対応可能(1件につき330円(税込)代引手数料がかかります)。

Amazonギフト券、クーポンおよびAmazonショッピングカードも使えます。

 

【定期おトク便】登録方法は?

特別な登録は不要です。

Amazonアカウントさえあれば、誰でも利用できます。

プライム会員かどうかも特に無関係です。

» Amazon定期おトク便ストア

 

【定期おトク便】注文方法は?

対象商品であれば、注文欄に「定期おトク便」の選択項目が表示されますので、画面に従って注文手続きをするだけで完了します。

PC画面なら、以下のような感じです。

Amazon定期おトク便の図解説明の画像

 

または、「定期おトク便」だけの商品リスト、» Amazon定期おトク便ストア内から商品を検索して探すこともできます。

 

【定期おトク便】変更・キャンセルは?

変更

いつでも配送頻度を変更できます。

1ヶ月ごとの配送だと頻度が高いから、変更して2ヶ月ごとにしよう、といった感じですね。

次回以降の商品を受け取りたい頻度を選択し直せば、変更終了です。

 

キャンセル

発送手続き前なら、いつでもキャンセル、つまり「定期おトク便をやめる」ことが可能です。

「アカウントサービス」の「ご利用中の定期おトク便の変更・停止」で画面に従って手続きするだけ。

それだけでキャンセル完了です。

 

発送手続きが始まっている場合は、その次の分からキャンセルが適用されます。

 

1回だけ発送でもペナルティ無し【注目ポイント!】

「いつでも」キャンセル可能なので「結果として1回だけ利用」という使い方もできます。

「定期おトク便」として購入し、商品が届いたら次回以降はキャンセルする、といった形ですね。

もちろん、その場合でも各種の割引や送料無料などの特典は、「定期おトク便」として全て適用されますよ

 

【定期おトク便】プライム会員と関係あり?

プライム会員とは特に関係ありません。

一般会員でも配送料無料で利用できますし、プライム会員限定のサービスもありません。

 

ですが唯一、» 特別取扱商品の表示がある商品を注文する場合には、一般会員には別途「取扱手数料」がかかります。

普段、あまり意識していないかもしれませんが、飲料などの重いものをまとめ買いするときは、この手数料の有無はしっかりとチェックしておきましょう。

 

一方、プライム会員なら、その手数料は無料になります(「プライムマークの画像」マークがある商品に限られます)。

 

【定期おトク便】注意点【重要!】

価格変動(値上がり)に注意

初回購入時の価格がずっと適用されるわけではありません。

毎回、その時点での価格が適用されますので、毎回1〜2週間前に届く事前メールをこまめに読まないと値上がりを見落としたまま購入し続けることになります。

400円のものを10パック、総額4,000円のものを2ヶ月ごとにお届け、といったパターンで、数ヶ月も経てば400円が800円に値上がりといったケースは珍しくありません。

いくら10%の割引が適用されていたとしても、総額4,000円のつもりが総額8,000円になっていたら目も当てらませんよね。

この点はよくある話なので、毎回の事前メールをきっちりと確認して、値上がりしているならキャンセルの対応をしましょう。

 

 

ちなみに私は「Keepa」を使って常にAmazonで安値購入、損することがないように登録しています。

 

「Keepa」のことを詳しく知りたい方はこちら⬇︎

 

【損してませんか?】Amazonおすすめ使い方ー購入のタイミングをKeepaで見極めよう

 

 

キャンセルの手続きに注意

キャンセルしたつもりなのに、忘れた頃にまた届いた、といったことがよくあります。

商品のキャンセルだけだと、その月のお届け分だけがキャンセルされることになります。

「定期おトク便」そのものをキャンセルしないと、やめたことにはなりませんので、「Amazon定期おトク便情報を管理する」画面から、「ご利用中の定期お得便の変更・停止」、「定期お得便を停止する」と抜かりなく停止手続きを終了させる必要があります。

 

取扱手数料に注意

» 特別取扱商品の表示がある商品を注文する場合には、別途「取扱手数料」がかかることも要注意です。

飲料で総重量12kgの場合で350円ほどですが、配送料無料に惹かれて注文したのに手数料がかかってた、なんてこともあり得ますのでよく確認しましょう。(「プライムマークの画像」マークがある商品なら、プライム会員はこの手数料は無料なので気にする必要はありません。)

 

まとめ

 

 

消耗品など、ストックが切れる頃の絶妙なタイミングに定期便が届くことは非常に便利!

 

そのため、このサービスはAmazonの中でもかなりの長寿サービスの一つになっています。

 

ですが、人間心理として、数ヶ月も前の契約となると、何となく放ったらかしにしてしまいがちますよね。

 

結果として、他に安く販売されている同製品があるのに、従来の定期おトク便のまま値上がりしてもそのままにしておいてしまうという事態に陥りがちです。

 

きっちりと管理できるのであれば、便利、かつ、お得なサービスですので、みなさんのスタイルに合わせた形で有効利用しましょう。

 

» Amazon定期おトク便ストア

 

 

併せてこちらもどうぞ

 

Amazon関連記事へのリンク画像

 




-Amazon
-

Copyright© AI Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.