「ファイヤースティック」と「4K Max」の違い【全機種を比較】

本サイトは、Amazonのサービスを、プロモーション許可を得て「分かりやすく」「正しく」「2024年5月時点」の情報を紹介しているサイトです。

これらのサービスを「課金なしで」「簡単に」「大画面で」出力して楽しめる「超小型の」デバイスが「Fire TVシリーズ」です。

そのラインナップが以下の4種類。


Fire TV Stick

Fire TV Stick 4K

Fire TV Stick 4K Max

Fire TV Cube


この4機種の違いを購入前に理解して、

「どの機種を選ぶのが最適か」

このテーマを心ゆくまで検討しましょう!



※本記事は、割と細かい点を比較検討するためのレビュー記事です!

Fire TV Stickのラインナップ

あらためてFire TVシリーズのラインナップを眺めてみましょう。

4つのシリーズ
  • Fire TV Stick(標準モデル)
  • Fire TV Stick 4K(4K標準モデル)
  • Fire TV Stick 4K MAX(4K上級モデル)
  • Fire TV Cube(異次元モデル)

Fire TV Stick

標準

Fire TV Stick 4K

4K標準

Fire TV Stick 4K Max

4K上級

Fire TV Cube

異次元


まずは、標準モデル、最もスタンダードなエントリーモデルの「Fire TV Stick」から紹介です。

それよりも「4K」モデルから知りたい人はジャンプ!

Fire TV Stickのスタンダードモデル

標準モデルの「Fire TV Stick」はシリーズ最安のスタンダードモデルです。

Fire TV Stickを世に知らしめた元祖モデルから「第2世代」を経て、2020年9月にモデルチェンジ、「第3世代」へと進化しています。

進化した「第3世代」のポイントがこちらです。

Fire TV Stick(第3世代)
  • フルHD+HDRに対応
  • Dolby Atmosに対応
  • 処理能力50%アップ

Fire TV Stickスタンダードモデルの主要諸元

その主要諸元がこんな感じ!

Fire TV Stick(スタンダードモデル)
モデルポジションStandard
モデルチェンジ2020年9月
入出力端子HDMI出力、Micro-USB(電源用)
wifiWi-Fi 5
映像最大1080p (HD)、HDR、HDR10+、HLG
オーディオDolby Atmos、Dolby Digital、Dolby Digital+のサラウンド対応。Dolby Atmos、Dolby Digital,Dolby Digital+のHDMIオーディオパススルー
ストレージ8GB
メモリ1GB
プロセッサクアッドコア1.7GHz、GPU650MHz
OSFire OS 7
BluetoothBluetooth5.0
Miracastサポートあり
サイズ86x30x13mm
重量32.0g

参考)iPhone14の大きさ➜147×72×8mm、172g

どの項目も、

「これで十分」

と評判で、累計1.5億個以上売れてるメガヒット商品です。

それだけヒットしているポイントを見ていきましょう!

HDRに対応【Fire TV Stickスタンダードモデル】

まずは画質面。

「フルHD」には先代の第2世代から対応していましたが、第3世代は「HDR」にも対応しています。

ちなみに「HD」とは解像度を示します。

画質解像度
SD(480p)720×480
HD(720p)1,280×720
フルHD(1,080p)1,920×1,080
4K(2,160p)3,840×2,160

一方の「HDR」は「明るさの幅」「広範囲の輝度」を駆使して、鮮やかさを突き詰めた技術です。

HDRの図解
※「HDR」;High Dynamic Range

解像度を示す「HD」よりも、鮮やかさの指標「HDR」に投資する方が画質性能に貢献する、と言われている近年注目のスペックです。

これを知ると、

標準モデルと言えど、決して画質を妥協しているわけではないことが分かります。

Dolby Atmosに対応【Fire TV Stickスタンダードモデル】

次は音響面です。

Fire TV Stick(スタンダードモデル)は「Dolby Atmos」に対応しています。

Dolby Atmosのロゴ

「Dolby Atmos」とは立体音響の音声フォーマットですね。

前後左右に加え、上下にもサウンドが演出されて、作品に没入できる音声テクノロジーです。

つまり、音響システムを整えれば、

標準モデルでも映画館と同じサウンド環境を構築できることを意味します。

処理能力が50%向上【Fire TV Stickスタンダードモデル】

3つ目は、本体の処理能力のクオリティ。

メモリ、プロセッサともに性能が向上。

処理能力は前モデルより50%アップと謳われています。

処理性能も上がったことで、もはや無理して上位モデルを選択する理由はなくなってきました。

ファイヤースティックのプレスリリース画像01

※映像・音響は対応するコンテンツと機器が必要です。

以上が「Fire TV Stickスタンダードモデル」の主な特徴です。

セール中は2,000円代もあり!

Amazonなら、4大ビッグセールは1月、7月、10月、11月です!

シンプルに「プライムビデオやNetflixをテレビに出力して観たいだけ」の人ならこの標準モデルで十分です!「いやいや、どうせ買うなら高性能を追求したい!」といった人なら、次の4Kシリーズの検討に入りましょう!


続いては「Fire TV Stick 4K」、上位機種について見ていきます。



 

次はこれ!

Fire TV Stick

標準

Fire TV Stick 4K

4K標準

Fire TV Stick 4K Max

4K上級

Fire TV Cube

異次元

Fire TV Stick 4Kとは

「Fire TV Stick 4K」は、文字どおり4K画質対応の上位機種です。

ネーミングの最後に「4K」が付き、そのポジションを明確に主張しています。

4K対応製品として、2023年10月に第2世代へと進化しました。

標準モデルとFire TV Stick 4Kの違い

4Kテレビへの対応以外で、先ほどの標準モデル(Fire TV Stick)との大きな違いは、

圧倒的にパワフルに駆動する点

です。

プロセッサの「クアッドコア1.8GHz」の力が圧倒的で、従来型より公表値で40%パワフルに!

起動時のストレスもほぼゼロです。

深く比較したい人は、スペック表をじっくりと眺めてみてください。

Fire TV Stick 4Kの主要諸元

モデルポジション上位モデル
モデルチェンジ2023年10月
サイズ99mmx30mmx14 mm(HDMI端子含まず)、108mmx30mmx14mm(HDMI端子含む)
重量43.5 g
プロセッサクアッドコア1.8GHz MT8696
GPUGE9215最大650MHz
CPUARM Cortex – A55(最大1.7GHz)×4
メモリ(RAM)2GB LPDDR4
ストレージ8GB
Wi-FiMT7921LS. 802.11a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)対応
BluetoothBluetooth 5.2+BLE
OSFire OS 8
音声認識Alexa対応音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応 (Fire OS、Android OS、iOSで利用可能)
クラウドストレージAmazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
オーディオDolby Atmos、7.1サラウンド対応、2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
4Kサポート4K対応のテレビと4Kのコンテンツに対応
フォーマットビデオ: Dolby Vision、HDR10、HDR10+、HLG、H.265、H.264、VP9、AV1 オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis、Dolby Atmos (EC3_JOC) 写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
出力2160p、1080p、720p、最大60fps
Miracastサポートあり

※最後に機種ごとの比較表を載せています。

Wi-Fi 6に対応【Fire TV Stick 4K】

Fire TV Stick 4Kは「Wi-Fi 6」に対応しているところも大注目です。

「Wi-Fi 6」は、従来の「Wi-Fi 5」の1.4倍の高速化を実現した通信規格。

Wi-Fi6の図解

また「Wi-Fi 6」は複数同時接続しても混雑しない仕組みのWi-Fi規格。

「Fire TV Stick 4K」は、4Kの大容量の映像配信への対応が隅々まで行き届いています。

4Kテレビを持っていて、Wi-Fi6の環境がある人なら、迷わずこの4Kシリーズの選択になるでしょう。

実勢価格は7,000円前後
セール時なら4,000円以下!

※安価に流通している「古い世代」の製品を間違って購入してしまわないように注意してください!


続いては「Fire TV Stick 4K MAX

「4Kモデルの上位機種」です。


上位機種の上位!

Fire TV Stick

標準

Fire TV Stick 4K

4K標準

Fire TV Stick 4K Max

4K上級

Fire TV Cube

異次元


Fire TV Stick 4K Maxとは

「Fire TV Stick 4K Max」は、「Fire TV Stick 4K」の上位機種。

製品名の文末の「Max」がハイレンジの称号です。

2023年10月に「Fire TV Stick 4K」と同時発売。

「Fire TV Stick 4K」を上回るスペックとしてユーザーをザワつかせた格上モデルです。

「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K MAX」の違い

「Max」の進化ポイントがこちらです。

「Fire TV Stick 4K Max」のポイント
  • CPUやメモリなどの頭脳が「さらに」パワーアップ
  • 操作レスポンスが「さらに」高速化
  • 当然「Wi-Fi 6」に対応

「Fire TV Stick 4K」よりも、

  • スペック的には2割増し
  • 価格的に3割増し
  • 見た目はほぼ同じ

といったイメージです。

「Fire TV Stick 4K MAX」   引用;Amazon

Fire TV Stick 4K MAXの主要諸元

心ゆくまでスペック表を熟読してみてください!

モデルポジションハイレンジ
モデルチェンジ2023年10月
サイズ99mmx30mmx14mm(HDMI端子含まず)、108mmx30mmx14mm(HDMI端子含む)
重量43.5g
プロセッサ850MHz
GPUIMG GE8300, 750MHz
CPUARM Cortex – A55(最大2.0GHz)×4
メモリ(RAM)2GB LPDDR4
ストレージ16GB
Wi-FiWi-Fi 6E: 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5.0GHz、6GHzトライバンド)
BluetoothBluetooth 5.2+BLE
OSFire OS 8
音声認識Alexa対応音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応 (Fire OS、Android OS、iOSで利用可能)
クラウドストレージAmazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
オーディオDolby Atmos、7.1サラウンド対応、2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー。
4Kサポート4K対応のテレビと4Kのコンテンツに対応
フォーマットビデオ: Dolby Vision、HDR10、HDR10+、HLG、H.265、H.264、VP9、AV1
オーディオ: xHE-AAC, AAC-LC, AAC+, eAAC+, AAC-ELD, MP3, AMR-NB, FLAC, PCM/WAV, Vorbis, Dolby AC3, eAC3 (ドルビーデジタルプラス), Dolby Atmos (EC3_JOC), Dolby AC4, Dolby MAT, Dolby TrueHDパススルー, MPEG-Hパススルー, DTS HDパススルー
写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
出力2160p、1080p、720p、最大60fps
Miracastサポートあり

4K標準モデルとの価格差が1.3倍になっているのも頷ける仕様です。

CPU・プロセッサがパワーアップ【Fire TV Stick 4K MAX】

力の源となる、メモリとプロセッサ、CPU、GPUを強化。

処理能力とレスポンスはスマホ並みです。

OSも「Fire OS 8」へとバージョンアップ。もはやPCやスマホ不要でネット検索やアプリ操作可能です。

ストレージは「倍増!」【Fire TV Stick 4K MAX】

ストレージは、なんと16GB!

Fire TV Stick 4Kの2倍!

アプリや画像など、各メディアの保存で余計な心配から解放されます。

「Wi-Fi 6」に対応【Fire TV Stick 4K MAX】

もちろん「Wi-Fi 6」に対応しています。

Wi-Fi6の図解

4割増しで高速化したうえ、回線同士の渋滞もしにくいのが「Wi-Fi 6」。

妥協なしの最強のストリーミング環境を「簡単に」仕上げたい人は「4K MAX」の選択です!

実勢価格は9,000円前後
セール時は5,000円台!

※安価に流通している「古い世代」の製品を購入してしまわないように注意してください!


以上が、エントリーモデルと4Kモデル×2機種の違い、つまり、

  • 「Fire TV Stick(第3世代)」と
  • 「Fire TV Stick 4K(第2世代)」
  • 「Fire TV Stick 4K Max(第2世代)」

についての紹介でした。


Fire TV Stick

標準

Fire TV Stick 4K

4K標準

Fire TV Stick 4K Max

4K上級


続いて、3者を比較検証してみましょう。

「Fire TV Stick」と「4K (MAX)」の違い

標準モデルと上位モデル×2機種、つまり、

  • 「Fire TV Stick(第3世代)」
  • 「Fire TV Stick 4K(第2世代)」
  • 「Fire TV Stick 4K Max(第2世代)」

の違いは、スペックを並べてみるだけで明確です。

「Fire TV Stick」と「4K (MAX)」のスペック比較

モデルFire TV StickFire TV Stick 4KFire TV Stick 4K MAX
モデルポジションStandardHighHigh×2
シリーズ順位
モデルチェンジ2020年9月2023年10月2023年10月
実勢価格4,000円〜7,000円〜9,000円〜
入出力端子HDMI出力、Micro-USB(電源用)HDMI出力、Micro USB(電源用)HDMI出力(ARC)、Micro USB(電源用)
出力1080p、720p、最大60fps2160p、1080p、720p、最大60fps2160p、1080p、720p、最大60fps
wifiWi-Fi 5 802.11a/b/g/n/ac、2×2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
Wi-Fi6E:802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5.0GHz、6GHzトライバンド)Wi-Fi6E:802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5.0GHz、6GHzトライバンド)
映像最大1080p (HD)、HDR、HDR10+、HLG4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
オーディオDolby Atmos、Dolby Digital、Dolby Digital+のサラウンド対応。Dolby Atmos、Dolby Digital,Dolby Digital+のHDMIオーディオパススルーDolby Atmos、7.1サラウンド対応、2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルーDolby Atmos、7.1サラウンド対応、2chステレオ、最大5.1chのHDMIオーディオパススルー
モデル
ストレージ8GB8GB16GB
メモリ1GB DDR42GB LPDDR42GB LPDDR4
プロセッサクアッドコア1.7GHz、MT8695Dクアッドコア1.8GHz Mediatek MT8696Dクアッドコア 2.0GHz Mediatek MT8696T
CPUクアッドコア1.7GHzARM Cortex-A55(最大1.7GHz)×4ARM Cortex-A55(最大2.0GHz)×4
OSFire OS 7Fire OS 8Fire OS 8
GPUIMG GE8300GE9215最大650MHzGE9215最大850MHz
BluetoothBluetooth5.0+LEBluetooth5.2+BLEBluetooth5.2+BLE
イーサネット10/100Mbps10/100Mbps(外部ドングルを使用)10/100Mbps(外部ドングルを使用)
AndroidのバージョンAndroidレベル28(Android 9)Androidレベル30(Android 11)Androidレベル30(Android 11)
Miracast
サイズ86x30x13mm99mmx30mmx14 mm(HDMI端子含まず)、108mmx30mmx14mm(HDMI端子含む)99mmx30mmx14mm(HDMI端子含まず)、108mmx30mmx14mm(HDMI端子含む)
重量32.0g43.5 g43.5g

参考)iPhone14の大きさ➜147×72×8mm、172g

3者の大きな違い

中でも、購入時の見極めポイントとなる、大きな相違点は以下の3つです。

3者の違い
  • 操作レスポンス
  • 「4K」「Wi-Fi 6」への対応
  • 価格差は約2千円(セール時)

操作レスポンスの違い

操作レスポンスは「4Kシリーズ」の圧勝です。

5秒近く差が出る

起動➜コンテンツ選択➜再生開始

といった単純なレスポンスだけで、両者で5秒近く差が出ます。

機器の反応でストレスを感じるタイプの人なら、

高速レスポンスのためだけに「4Kシリーズ」を選択する価値ありです!

「4K」

実勢価格は7,000円前後

「4K MAX」

実勢価格は9,000円前後

※安価に流通している「古い世代」の製品を購入してしまわないように注意してください


ファイヤースティックのプレスリリース画像10

高画質・「Wi-Fi 6」の違い

基本画質に差はない

どの製品も、現在主流の高画質テクノロジーに対応しているので、画質面では基本的にどれも満足レベルです。

特に標準モデルが「HDR」に対応してきたことで、基本差は縮まったと言えるでしょう。

4K対応だけは別

ただし「4Kシリーズ」は、その冠のとおり「4K」への対応だけは専売特許です。

「Wi-Fi 6」への対応とあわせて、この辺りは手持ちの対応機器・コンテンツの環境によって選択は割れるでしょう。

価格差は約2,000円(セール時)

購入時に最も値引き率が高いのは、本家本元のAmazonサイトでの購入です。

以下の4つのセール期間を狙い撃ちすれば、半額「以下」で買えることもありますよ!

Amazonの4大ビッグセール

2023最大のセール期間「プライムデー」では、なんと「43%OFF」も!

Fire TV Stick(第3世代)Fire TV Stick 4K Max
定価4,980円6,980円
初売りセール3,980円(-20%)4,980円(-29%)
プライムデー2,980円(-40%)3,980円(-43%)

セール期間中は、

Amazon全体の中で、販売個数が1位!になるほど!

Fire TVシリーズの売れ行きは凄まじいことになってます!

今はどんなセール?


標準モデル

セール時は2,000円代も!

「4K」

実勢価格は7,000円前後

「4K MAX」

実勢価格は9,000円前後

 

※誤って「古い世代」の製品を購入してしまわないよう!



今すぐにプライム公式サイトに飛びたい人はこちら!

Amazonプライム会員!

サイズの違い

サイズ差は13mm

「標準モデル」と「4Kシリーズ」は、スティックの全長が異なります。

「標準モデル」に対して「4K Max」の方が「13mm」長い仕様です。

※リモコンの大きさは同じです。

差込口を要チェック

テレビ裏側のHDMI挿入口のスペース不足で、物理的に差し込めないテレビもあるので、購入前に実際のスペースチェックは必須です。

最悪、同包のHDMI延長ケーブルを使って干渉を回避することが可能です。

ファイヤースティックのプレスリリース画像11

以上が「Fire TV Stick(標準モデル)」と「Fire TV Stick 4Kシリーズ(4KとMAX)」の比較でした。

最後に、異次元スペックの「Fire TV Cube」について紹介します。

Fire TV Cube

「Fire TV Cube」は、Amazon Fire TV シリーズの最上位機種です。

2022年9月に新型が発売され、価格は19,980円、セール時には3割ほど値引きされて13,980円といった価格帯です。

ここまで見た2つのモデルとは異質の、高次元エンターテインメントデバイスといったポジションにあります。

スピーカー内蔵【Fire TV Cube】

見た目は、手のひらに乗る、四角いオシャレなスピーカーといった感じです。

デザインはファブリック仕上げで、安っぽさはないです。

Fire TV Cubeのプレスリリース画像01
Fire TV Cube

画質【Fire TV Cube】

画質の基本仕様は「4Kシリーズ」と同じ。

現行では最高峰の画質を楽しめます。

ただし、Fire TV Cubeには、なんと、アップスケーリング機能があります!

ファイヤースティックのプレスリリース画像05

HD画質のコンテンツでも、HDMI接続で再生すれば4Kに変換!

4K対応のテレビがあれば、映像をより鮮明に映し出せます。

ハンズフリー【Fire TV Cube】

本体にはマイクが8個備わっています。

Fire TV Cubeのプレスリリース画像03

これにより、Fire TV Cubeの音声認識は以下のように特徴づけられています。

  • マイク感度が非常に高い
  • 音声認識レベルはストレス無し
  • 部屋の端からでも難なく使える

音声操作に馴染みがない人でも、ハンズフリーに慣れると、物理操作はほぼやらなくなりますよ。

イメージはこんな感じです。

やりたいこと「アレクサ!」に続くセリフ
テレビ
テレビをつけて
テレビの音を大きくして
6チャンネルにして
動画
プライムビデオを開いて
30秒巻き戻して
YouTubeで料理動画を探して
Web
今日の天気は
右にスクロールして
1番を選択して

TVの操作だけではなく、スマートホーム化させると、

  • 照明をつけたり
  • コーヒーを沸かしたり
  • 窓に鍵をかけたり

Alexaにお願いするだけで、いとも簡単にハンズフリー可能です。

ウェブカメラ接続【Fire TV Cube】

カメラとAlexaを接続すれば、宅配便が届いた時などは、ワイプ画像でテレビ画面に玄関先などの映像を呼び出せます。

「ピクチャー・イン・ピクチャー」と呼ばれる機能です。

ソファに座ったままや、プライムビデオを流したまま、ワイプ映像で玄関先を確認したり、応答することができます。

Wi-Fi 6に対応【Fire TV Cube】

「Wi-Fi 6」は、従来の「Wi-Fi 5」の1.4倍の高速化を実現した通信規格です。

Wi-Fi6の図解

データの送受信にかかる時間を大幅に短縮、4Kの大容量の映像配信に最適な規格です。

通信網の混雑による影響にも強く、複数接続による遅延も解消する仕組みのWi-Fi規格です。

高速処理のプロセッサー【Fire TV Cube】

オクタコア4×2.2GHz+4×2.0GHz、GPU800MHzのプロセッサー搭載。

公表の表現によると、

  • 前モデルから20%パワフルに
  • 「4K Max」の2倍のパワフルさ

という謳い文句です。

ここは、ただの広報用のリップサービスではなく、実際思いのまま、スマホ以上の反応です。

HDMI端子【Fire TV Cube】

本体裏面に入出力端子が複数あります。

Fire TV Cubeのプレスリリース画像02

Blu-rayレコーダーやプレステ、ウェブカメラやUSBストレージなどのデバイスと接続できます。

イーサネット端子【Fire TV Cube】

イーサネット入力端子もあり、地味ながらも実用上のインパクトはかなり大きいです。

有線ネットワーク接続ができるため、一切の通信面の不安感から解放してくれます。


以上です!

おさらいはこちら!

公式サイト

どれも見た目はほぼ同じなので、間違っても旧版を買ってしまわないように!


標準モデル

実勢価格は5,000円前後!

「4K」

実勢価格は7,000円前後

「4K MAX」

実勢価格は9,000円前後

Fire TV Cube

別格の存在感!

この記事が参考になった方は、以下の記事もドンピシャだと思います!

おすすめ関連記事

※価格は全て税込で表示しています。

※各仕様はFire TVのデバイス仕様: 概要を引用しています。