Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いは?

 

「Kindle Unlimited」と「プライム会員」は全く別のサービスですね。

では「Kindle」と「Prime Reading」は何が違うのでしょうか?

このあたりは、アマゾン特有のモヤモヤとする点です。

でも、仕組みは思ってるより単純です!

 

プライム会員とKindleのマインドマップ

 

さて、 

あなたは「Kindle Unlimited」を選んだ方が得するタイプ?

それとも「プライム会員」の方がフィットする?

 

Kindle Unlimitedとプライム会員割引「Prime Readingとの違いは?」

それぞれの違いと特徴を、分かりやす〜く見ていきましょう!

 

この記事で解説するのは、

  • 「Kindle Unlimited」
  • 「Amazonプライム会員」
  • 「Prime Reading」
  • 「Kindle」

です。

 

本サイトは、Amazonのサービスを、プロモーション許可を得て「分かりやすく」「正しく」「2024年5月時点」の情報を紹介しているサイトです。

 

「Kindle Unlimited」

まずは「Kindle Unlimited」から!

「Kindle Unlimited」は電子書籍の読み放題サービスです。

Kindle unlimited

その特徴がこちらです。

 

「Kindle Unlimited」の特徴

  • プライム会員とは「別の」Amazonのサービス
  • 「Kindle Unlimited」に単独入会する
  • ダウンロードして本を読む
  • スマホやタブレットで読む
  • 月額980円!

といった感じで、「Kindle Unlimited」は、単独の、電子書籍の読み放題サービスです。

加入すると、好きな本を好きなだけ選び放題。

定額制の図書館みたいなイメージです。

しかも、全ての蔵書が手元におさまる「自分だけの図書館!」 

Kindle Unlimitedのイメージ

蔵書数は200万冊!

まさに読み放題のサービスです!

 

「プライム会員」

一方の「プライム会員」は、Amazonライフを、

「幅広く」

「特別扱い」

してくれるサービスです。

その具体例がこちらです。

 

「プライム会員」の特徴

プライムビデオが「無料」

Amazon Musicが「無料」

Prime Readingが「無料」

配送料が「無料」

写真データを無制限に保存

と、Kindleとは性質が全く異なります。

 


このように、

「Kindle Unlimited」と「プライム会員」は全く別のサービスです。

※プライム会員であったとしてもKindle Unlimitedで特典を受けられるといったこともありません。


 

と、ここで紛らわしいのが「Prime Reading」ですね。

「Prime Reading」って何なんでしょう?

 

「Prime Reading」とは

「Primeリーディング」は、Amazon「プライム会員」の特典の1つです。

「Prime Reading」は「プライム会員」になると、無料でついてくるありがたい特典!

※繰り返しますが「Kindle Unlimited」とは全く別のサービスですよ!

 

その特徴がこちらです。

 

「Prime Reading」の特徴

  1,200冊の電子書籍が読み放題

  ダウンロードして読む

  スマホやタブレットで読む

  無料!

 

それでもまだ、

「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」は、似たようなサービス内容なので、モヤモヤが晴れないですね。

考えるヒヨコ221030

両者の違いをもっと掘り下げていきましょう。

 

「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」の違い

 

「Prime Reading」の読み放題とは

「Primeリーディング」は、プライム会員の数ある無料特典の1つ。

月額利用料は「特典全体で」600円。

なので、

プライム会員なら、電子書籍「も」無料で1,200冊読み放題!

という表現になります。

 

「Kindle Unlimited」の読み放題とは

一方の「Kindle Unlimited」は有料で200万冊が読み放題。

独立した単独のサービスで月額980円。

そんなKindle目線で見ると、

「Primeリーディング」は、たったの1,200冊しか本がない・・

という表現になります。

 

「Prime Reading」は「Kindle Unlimited」のお試し版?

ということで「Kindle Unlimited」の会員になると、Amazonで販売されている電子書籍※の「200万冊」が読み放題。

※これを「Kindle本」と言ったりします。

 

一方の「Primeリーディング」の場合は、一応読み放題だけど、対象は「1,200冊だけ」。

つまり「Primeリーディング」はKindleのお試し版のような位置付け、というイメージです。

 

Kindle UnlimitedとPrime Readingのイメージ図

 

もちろん「Prime Reading」で読める本は全て「Kindle Unlimited」で読めます。

以上を踏まえて、下の表を眺めてみましょう。

Prime ReadingKindle Unlimited
蔵書数1,200冊以上200万冊以上
利用条件Amazonプライム会員KindleUnlimited会員
特徴プライム会員の特典の一つ独立した電子書籍のサービス
使い方スマホ、タブレット、PCスマホ、タブレット、PC
月額料金学生300円
一般600円
980円
プライム会員とKindleのマインドマップ

 


当サイトはAmazon関連のサービスをクローズアップしているサイトです。「Amazonプライム」のことをもっと広く理解したい人はこちらをどうぞ。


 

続いて、それぞれどんな人におすすめなのかを見てみましょう。

 

「Kindle Unlimited」で得するタイプ

「Kindle Unlimited」で得する人

  • 月に2冊以上読書する人
  • 本代に月980円以上使う人
  • 本のタイトルだけで血が騒ぐ人

さらに、次のようなタイプの人も「Kindle Unlimited」向きです!

 

「Kindle Unlimited」に向いてる人

  • 図書館に行くと何冊も借りて帰るタイプ
  • 借りた本を読まないまま返却することがあるタイプ
  • 全然目的じゃなかった本でも、パラパラ読み始めたら止まらなくなるタイプ

以上のような方は、月額980円ポッキリの「Kindle Unlimited」で無駄な出費を抑えられるでしょう。

コスパが上がるだけではなく、読書ライフの質も格段にアップするのでおすすめです!

 

「Kindle Unlimited」の家族間共有

さらに裏ワザは、家族間の共有!

複数人で使えば、

「月に2冊以上読んだら元が取れる」

この「Kindle Unlimited」のメリットを最大限に生かせます!

アカウント共有の図解

例えば、一つのアカウントで、スマホやタブレット、PCなど「何台でも」ログインして読めます。

 

1冊の本を「6台まで」同時に開いて読書可能。

この仕組みを活かせば、家族間の共有などでかなりお得になりますよ!

  


「Kindle Unlimited」の体験はこちら

\30日の無料体験!/


 

続いては、「Prime Reading」で得する人です。

 

「Prime Reading」で得する人

 

「Primeリーディング」の方が得する人

  • 本代に月980円も使わない人
  • 1冊読むのに1ヶ月以上かかる人
  • 好きな本を何回も読むタイプ

さらにこんなタイプもドンピシャです!

「Prime Reading」に向いているタイプ

  • 面白くないかもと思いながらも、無理して最後まで読むタイプ
  • 本棚に本が並んでいるだけで嬉しいタイプ
  • すでにプライム会員の人

こんなタイプの人は月額600円の「Prime Reading」(=Amazonプライム会員)のほうが断然お得です!

 

プライム会員になったら、本の購入ページに、

「このタイトルはプライム会員も追加料金なしでお楽しみいただけます」

と表示されるので、そこをタップすれば「無料で」読めます!

PrimeReadingの図解

「運転者 未来を変える過去からの使者」の商品ページでの例がこちら。

 


「Prime Reading」の体験はこちら

\公式サイトなら30日間無料!/


 

あと残るモヤモヤは「Kindle」と「Kindle Unlimited」との違いです。

「Kindle Unlimited」の概要が分かった今は、この違いはカンタンですよ!

  

「Kindle」と「Kindle Unlimited」の違い

「Kindle」って、このタブレット「そのもの」のことです

電子書籍※を読みやすいように、読書機能だけにフォーカスしたデバイス。

※Amazonの電子書籍を「Kindle本」と言います。

 

Kindle本は、通常のスマホやタブレットでも読めます。

なのですが、読書だけに絞ると「Kindle」のクオリティは数段格上になります

 

「Kindle」の特徴

活字専用で「めちゃくちゃ」読みやすい液晶

超軽量+持ちやすさが考え抜かれている

バッテリーが恐ろしいくらい長持ち

いい感じでメモ書きできる

防水仕様もあり(お風呂で読書)

 

要するに「電子書籍専用」のタブレットが「Kindle」。

読書メインの使い方なら、Kindleタブレットは「感動する」最高傑作です!

読書の「ツボ」を考え抜いた素晴らしい製品!

 

Kindleの防水仕様

「Kindle」を手に取ると、頭の中で読書モードにスイッチが入る感覚。

LINEやYouTubeの誘惑などに邪魔されません!

スマホ・タブレットとは明らかに違って、「Kindle」は不思議と本を持ち歩いている感覚を得られますよ!

 


以上です!

さぁ!Kindle Unlimitedで

\手元に図書館を!/


 

その他のおすすめの記事

「Audible」のことも気になっている人は、「是非」以下の記事でその魅力に迫ってください!