Amazonエコー「全機種の比較」とEchoの「正しい選び方」

 

「Alexaって1億個以上出荷されているんですか?」

「Amazonが5,000人以上でEchoを開発してるんですか?」

「エコーってそんなに凄いんですか!?」

 

Echoの選び方01

 

こちらがその「Echo」です。

なんだかタダモノではない雰囲気のEcho!

大きさはこんな感じ。

そして、こちらはまた別のエコー。

もの凄い話題の製品です(Echo Show)。

2017年の日本発売から、すでに10種類以上のラインナップ。

あなたに合ったエコーはいくらで手に入れられるのでしょう?

さっそく見ていきましょう!

 

本サイトは、Amazonのサービスを、プロモーション許可を得て「分かりやすく」「正しく」「2024年5月時点」の情報を紹介しているサイトです。

 

Echoの種類

Echoは、Amazonが展開する「Alexa」搭載の、「スマートスピーカー」です。

声で指示を出すだけで、ほぼ何でもできてしまうので、「AIスピーカー」と呼ばれることもあります。

AIスピーカーのイメージ画像01

 

※エコーって「具体的に何ができるの?」と、読み進めれば基本から分かるように「やさし〜く」解説していきます!

 

大きく分けて2種類

Echoは大きく分けて、2つのシリーズでモデル展開されています。

Echoのモデル展開
  • スピーカーだけのタイプ
  • ディスプレイ付きのタイプ

 

それぞれ特徴を見ていきましょう。

Echoの売れ筋ランキングから見たい人はこちら

 

Echoの「スピーカータイプ」

Echoの「スピーカータイプ」の主なラインナップがこちらです。

ひよこ kyoushi-hiyoko 02


Echo Pop

Echo Dot

Echo

EchoStudio
初級モデル、シリーズ最安初級モデルの進化版中級モデル、スマートホームへAI+最高のサウンド

 

「Echo Pop」

まず最初は、最もお手軽価格の「Echo Pop」から紹介です。

読み方は「エコーポップ」

  • 製品名;「Echo Pop」
  • タイプ;スピーカータイプ
  • ポジション;エントリーモデル
  • 実勢価格;5,000円前後

 

Echo Popは最も安価な初心者モデル

「Echo Pop」は最も安価な初心者モデルです。

セール時の販売価格は3,000円台!

「賢くて良質なスマートスピーカーを試してみよ」

という感じの人ならまずこのモデル!

510_Echo_01

大きさは99x83x91mm、重さが196g。

(※参考;iPhone14で15cm×7cm、170g)

Alexaを使う

Echoは、搭載されている音声アシストの「Alexa」に声をかけて使用します。

音楽以外でも使える

Echoは音楽だけに使えるわけではありません。

音声」を使って何でもできてしまうのが特徴です。

例えば、日常生活でならこんな感じです。

「ちゃんと」対話になることにまず驚き、

「そんなことまでできるの?」とAIに対するモヤモヤが一気に晴れますよ!

 

このように「Echo Pop」はスマートスピーカーとしての基本中の基本が盛り込まれている製品です。

 

「Echo Dot」

続いては「Echo Dotドット

  • 製品名;「Echo Dot」
  • タイプ;スピーカータイプ
  • ポジション;エントリーモデルの進化版
  • 実勢価格;7,000円前後

デザインが変わり音質も向上

「Echo Dot」は先ほどの「 Echo Pop」の進化版です。

デザインは球型になり、音質の向上が進化のポイント。

Echo Dot

大きさは直径10cmで「Echo Pop」の可愛らしさをキープしています。

スマートホームの基本

Echo Dotは、部屋に入ると自動で照明をOnしてくれたり、指示しておいた温度になると勝手にサーキュレーターを回してくれたりします。

※こういうのを「スマートホーム」と言います。詳しく後述します。

良い音質と、初級スマートホームを味わいたい人はこの「Echo Dot」の選択となります。

EchoDotのセール時の価格は4,000円台

見ての通り、セール時の底値は4,480円!

680_Echo_02

値動きを見ていると、Echo DotはAmazonの「タイムセール」が狙い目です。

 


 

ここまで「Echo Pop」と「Echo Dot」の紹介でした。

どちらも、ポジションとしてはエントリーモデルです。

続く中級モデルの「Echo」からは、ガラッと特徴が変わります!

製品名の最後に「〜Pop」や「〜Dot」が付かない製品名です。

 

「Echo」

「Echo」はミドルレンジのモデルです。

製品名の最後に「〜Dot」や「〜Pop」が付きません。

単に「Echo」というネーミングです。

  • 製品名;「Echo」
  • タイプ;スピーカータイプ
  • ポジション;中級モデル
  • 実勢価格;6,980円

「Echo」は、先ほどの「Echo Dot」と大きさが異なります。

出典;Amazon

幅が15cm弱ある「Echo」は中級モデルに位置します。

そして、エントリーモデルの「Echo Dot」と決定的に違う点が2つ。

その決定打が「音質」と「スマートホーム」!

サウンドクオリティが異なる

「Echo」は、低音域を増幅するウーファーと、高音域を担当するツイーターを積載しています。

要するに、サウンドのクオリティが「Echo Dot」と全く別物!

プレミアムなサウンドで音楽ライフを楽しみたい人は、このモデルの選択になるでしょう。

大きな部屋でも「Echo」なら余裕でサウンドが響き渡ります。

スマートホームハブになる

そして何よりも「Echo」はハンズフリーだけではなく、

「Echo」が「スマートホームハブ」になる!

できることが一気に広がるんです!

例えば、

「行ってきます」で、エアコン、照明、施錠、防犯カメラを全自動でオン・オフ。

スマートホームのイメージ画像01

当然、

「ただいま」でそれらの逆を!

この後紹介するカメラ付きのモデルなら、赤ちゃんが初めて立った瞬間や、愛犬のかわいい動作に

「動画撮影して!」みたいに、

誰かがもう一人いてくれるようなことが可能になります。

もちろん、出先からの遠隔操作も可能!

※それぞれに対応するスマートデバイスを後半で紹介します。

セール時の価格は6,980円

ご覧の通り、安い時は6,980円。

670_Echo_02

ブラックフライデー」で最安値を更新。次に「初売りセール」でかなり値下がりしています。

 

ということで、再びスマートスピーカーのラインナップに戻ります。

 

「Echo Studio」

次は、スピーカータイプの最高峰モデルを紹介します。

それが「Echo Studio」

最高音質を奏でる最高級スマートスピーカーです。

  • 製品名;「Echo Studio」
  • タイプ;スピーカータイプ
  • ポジション;ハイレンジ
  • セール時の価格;25,000円前後

最高のサウンドテクノロジーが満載のモデル。

サイズはやや大きめ

サイズ感はやや大きめ。

ちょうどA5の用紙の縦向きと同じくらいです。

206 x 175 x 175 mm 3.5kg

最高音質を実現

サウンド性能を追求した機能が満載、最高音質を実現しています!

Echo Studio
Echo Studio

「Echo Studio」には「Dolby Atmosアトモス」が搭載されています。

Dolby Atmosのロゴ

「Dolby Atmos」は立体音響の音声フォーマット

前後左右に加え、上下にもサウンドが演出されて、映画などの作品に没入できる音声テクノロジーです。

サウンドで「非日常の感動」を味わいたい人はこのモデル!

環境分析して再生する

Echo Studioは、置かれた場所の「音響特性」までも分析してくれます。

AI分析による究極のサウンドパフォーマンス!

価格相場の25,000円は「むしろお得」とさえ言えます!!

 


 

以上が「スピーカータイプ」のラインナップでした。

 

「スピーカータイプ」の振り返り

ここまで紹介した4つのモデルを振り返っておきましょう。

ディスプレイが付いていない「スピーカータイプ」のラインナップが以下の4種類でした。

エントリーモデル、シリーズ最安エントリーモデルの進化版中級モデル、スマートホーム化へAI+最高のサウンドテクノロジー

Echo Pop

Echo Dot

Echo

EchoStudio

Echoの売れ筋ランキングはこちら

それぞれの詳細はこちらです。


\お手頃なエントリーモデル/

「Echo Pop」

セール時3,500円前後


\コンパクトなまま進化/

「Echo Dot」

セール時4,500円前後


\スマートホームへの進化/

「Echo」

最安時6,980円!


\圧巻の超絶サウンド!!/

「Echo Studio」

最安時19,980円!

 


 

続いては、Echoの「ディスプレイ付きタイプ」の紹介です。

目次でチェック

 

Echoの「ディスプレイ付きタイプ」

ディスプレイ付きのタイプは「スマートディスプレイ」と呼ばれることもあります。

4種類を見ていきましょう。


Echo Show 5

Echo Show 8

Echo Show10

Echo Show15
中級モデル、スマホサイズ中級モデル、iPadMiniサイズ上位モデル、iPadサイズ壁掛け、スタンド置きタイプ

シリーズのネーミングは「〜Show」。

「Echo Show」と、最後に「〜Show」が付きます。

 

「Echo Show 5」

まずは「Echo Show 5」

  • 製品名;「Echo Show 5」
  • タイプ;スマートディスプレイ
  • ポジション;中級モデル
  • 価格相場;9,000円代

5.5インチのコンパクトサイズ

「Echo Show 5」は5.5インチのコンパクトタイプです。

「iPhone14」の画面が6.1インチなので、それより一回り小さい感じ。

インテリアに馴染みやすい

置き場所に困らず、インテリアに馴染みやすいスタイルです。

ディスプレイ付きでハンズフリー

そして何と言ってもディスプレイ付き。

テレビ通話、動画視聴、カメラ撮影までハンズフリーを実現できるのがポイントです。

さらに、

  • アレクサ、部屋の温度は?
  • アレクサ、撮影して
  • チキン使ったレシピ動画流して
  • タイマー3分セットして
  • 買い物メモ出して

などなど、

ハンズフリー + 視覚で得られる安心感がメリットです!

 

「Echo Show 8」

続いては8インチサイズの「Echo Show 8」です。

  • 製品名;「Echo show 8」
  • タイプ;スマートディスプレイ
  • ポジション;中級モデル
  • 価格相場;14,000円前後

「Echo Show 8」はiPad miniとほぼ同サイズです。

「Echo Show 8」はタブレットのサイズ感

先ほどの5インチのスマホサイズだと、ちょっと小さく感じる人には、こちらの8インチタイプがおすすめ。

タブレットサイズなので、画像の確認がしっかりとできます。 

特に、動画視聴がメインになりそうな人はこのモデルが無難!

ここまで紹介した各モデルのサイズイメージはこんな感じです。

置き場所基準が選択ポイント

5インチか8インチ、どっちか迷う場合は「置き場所基準」で考えるのもありです。

 

「Echo Show 8」なら、リビング、ダイニング、自分の部屋

「Echo Show 5」なら、キッチン、パウダールーム、ベッドサイド

パウダールームでのEcho Show

ちなみに、パウダールームでもEcho Showは大活躍します!

朝のメイクやヘアセットで駆け込んだ後、メイクやヘアセットしながら、

 

 

こんな感じのことが、モニター表示とともに全て同時進行できます!

 


 

続いては「Echo Show 10」。

ここから一気にサイズと性能がUPします!

 

「Echo Show 10」

「Echo Show 10」は、ディスプレイサイズが10インチ!

画面だけではなく、頭脳面も高品質化したモデルです。

  • 製品名;「Echo Show 10」
  • タイプ;スマートディスプレイ
  • ポジション;ハイレンジ
  • 価格相場;25,000円前後

「Echo Show 10」は据え置きタイプ

大きさ10インチは、iPadと同じサイズ感。

※先程のEcho Show8はiPad「mini」と同サイズでした。

重さは2,560gとズッシリ。

ノートパソコンより若干重いイメージなので、1箇所に据え置いて使うことになるでしょう。

「Echo Show 10」はスマートホーム化できる

頭脳面でおさえておくべき点がこちらです。

Echo Show 10の特徴
  • スマートホームハブ搭載
  • カメラ機能で利用幅がUP
  • 自動で画面が自分に追尾

それぞれ説明します。

スマートホームハブ

まずはスマートホームハブ。

Echoが家にあることで、

  • 朝、自動でカーテンを開けてコーヒーを入れてくれる
  • 自動で照明やエアコンのスイッチをオン・オフ
  • 自動で施錠や防犯カメラの起動やモニタリング

Echoがスマートホームハブになることで、今までの日常が次世代型ライフスタイルに生まれ変わります。

スマートホームのイメージ画像03

※後半でスマートホームについてもっと深堀りします!

高性能カメラ

スマートディスプレイには高性能カメラが備わっています。

そこにAI機能も加わり、室内のモニタリングなどが可能です。

例えば、ペットや赤ちゃんの様子見、防犯対策、ハンズフリー撮影などが可能。

もちろん、スマホでリモート操作も可能です。

自動フレーミングカメラ

そして「Echo Show 10」は、画面やレンズが自動追尾する機能を備えています!

家事中のテレビ通話でも、常に自分の方向に画角を合わせてくれるんです!

これがあれば、赤ちゃんやペットの決定的瞬間も撮り逃すことはありません!

 


 

「Echo Show 15」

最後は「Echo Show 15」の紹介です。

大きな15.6インチサイズの壁掛け型!

  • 製品名;「Echo Show 15」
  • タイプ;スマートディスプレイ
  • ポジション;独自路線
  • 価格相場;22,980円から

「Echo Show 15」は、これまで紹介したモデルの基本性能に加えて、以下の特徴がプラスアルファ!

「Echo Show 15」の特徴
  • 壁掛け・スタンド置きタイプ
  • ホワイトボード的な使い方
  • 絵画フレーム的な使い方

具体的にイメージしていきましょう。

壁掛けまたはスタンド置き

「Echo Show 15」は壁掛けまたはスタンド置きタイプです。

シリーズ中、最大サイズにも関わらず、置き場所をとりません。

出典;Amazon

画質はフルHD対応なので、全く不満なし。

15.6インチなので、設置場所から離れた場所での使用もOK。

※ちなみに「HD」とは解像度のことですね。

画質解像度
SD(480p)720×480
HD(720p)1,280×720
フルHD(1,080p)1,920×1,080
4K(2,160p)3,840×2,160

「Echo Show 15」は、次のように複数人で使うシチュエーションでも大活躍です!

ホワイトボード的な使い方

「Echo Show 15」は、家族や同居人との共用で効果を発揮します。

家族にメモを残したり、それぞれのスケジュールを共有したり。

Amazon Echoのイメージ画像

顔認証でID管理できるので、

  • 自分だけの予定表示
  • 特定個人宛のメモ連絡
  • 自分の再生履歴で音楽鑑賞

といった使い方もできます。

フォトフレーム的な使い方

「Echo Show 15」は、スタイリッシュなフォトフレーム調のデザイン!

薄さはわずか35mm。

どんなお部屋の雰囲気にも溶け込むように設計されています。

 

この「Echo Show 15」は、シリーズの中ではやや異色のスタンスなので、注意点を見ておきましょう。

「Echo Show 15」の注意点

注意点の1つ目

「Echo Show 15」は、最上位モデルというわけではありません。

どちらかというと薄型・壁掛けを推した独自路線のモデルポジション。

例えば、サウンドクオリティは「Echo Show 15」の方が上です。

「Echo Show 10」にはウーファーやツイーターが備わっていますが、「Echo Show 15」は、その薄い構造上、その手の機能は組み込まれていないからです。

注意点の2つ目

二つ目の注意点は、カメラ性能もやや控えめです。

「Echo Show 10」が13メガピクセル、

「Echo Show 15」は5メガピクセル。

注意点3つ目

Echoは全シリーズそうですが、充電駆動はしません。

なので、この「Echo Show 15」の場合、壁掛け時に「電源コード」の存在がインテリア感をやや損ないます。

 

以上が、「Echo Show 15」の購入前に知っておきたいポイントでした。

 

「ディスプレイタイプ」の振り返り

以上、Echoの「ディスプレイ付きタイプ」の全体像を紹介しました。

スマートディスプレイ×4種類の振り返りがこちらです。


Echo Show 5

Echo Show 8

Echo Show10

Echo Show15
中級モデル、スマホサイズ中級モデル、iPadMiniサイズ上位モデル、iPadサイズ壁掛け、スタンド置きタイプ

それぞれの詳細はこちら!


\お手軽なスマホサイズ/

「Echo Show 5」

9,000円代


\コンパクトなまま賢い/

「Echo Show 8」

最安時9,480円!


\最上級の機能性/

「Echo Show 10」

最安時22,980円!


\部屋に溶け込むスマート/

「Echo Show 15」

最安時20,000円!


 

あなたはどのタイプ?

あなたに合うのはどのEchoでしょう?

特徴とともに8種類を総振り返り!

最安モデル!話しかけるだけで、音楽、ニュース、天気、時間、家電操作など次世代ライフスタイルに!


高さ10cmのコンパクトなスマートスピーカー!音質向上!部屋に入ると自動で照明オンが可能!


音質が一層ダイナミックに!広い部屋でもラジオやオーディオブックまで聞ける!


ハンズフリー、スマートホームに加えて、AIを駆使した圧巻・超絶のサウンドパフォーマンス!


PrimeVideoやNetflixなどの動画視聴が可能!外出先から内蔵カメラにアクセスして防犯対策も簡単に!


少し大きめのiPadサイズ。13Mのカメラと自動フレーミング機能付き!


ディスプレイ付きに加えてプレミアムサウンドも!全てのEchoハイレンジ機能を兼ね備えた最上級モデル!


スタイリッシュな壁掛け、スタンド置きタイプ!


 

Echoの売れ筋ランキング【リルタイム更新中!】

 

では、ここまで気になっていた、「スマートホーム」について。なんかまだモヤモヤする疑問を解いていきましょう!

目次でチェック

 

Echoとスマートホーム

Echoがあるとスマートホームが実現!

例えば、次のようなことが可能です。

セリフなどできること
アレクサ、おはよう!自動でカーテンを開けて、コーヒーを入れてくれる
アレクサ、いってきます!エアコンと照明を自動オフ、ルンバがスタート
外出先や旅行先でリモートで照明のオン・オフで防犯対策!
リモートでカメラで室内モニタリング
消し忘れたかな?と思った家電も外出先からオフ!
お留守番のペットにエアコンを出先からコントロール
帰宅途中でエアコンを遠隔でオン
アレクサ、ただいま!自動で照明オン!
連ドラ鑑賞中の後半で「お風呂入れて」で全く動かずに準備OK!
おねだりするペットに離れた場所から給水器でペットに水を
気になる物音駐車場や玄関をモニターで確認
就寝前ベッドの中から「電気消して」で楽々消灯!
アレクサ、おやすみ家中の家電を一斉にオフ!

 

スマートホームのイメージ画像02

 

気になるのは、

「今、家で使ってる電器やエアコンでは、さすがに無理でしょ?」

という疑問ですね。

ところが、

「それができるから」

だから、これだけエコーが話題になっているんです!

 

基本的には、

  • スマートリモコン
  • スマートプラグ

を別買いする必要がありますが、逆に言えば、それを足すだけで実現可能!

例えば、赤外線リモコンで操作するエアコンやサーキュレーター、テレビやロボット掃除機などは「スマートリモコン」を導入するだけ。

スマートプラグやスマートロックも、小物を買い足せばOK!

 

Echo(Alexa)対応スマート家電は、Amazon「スマートホームストア」で、

動画で確認できますよ!

SwitchBotで動画をチェック

Amazonのスマートホームストア

以上がスマートホームについてでした。

次は、音楽の再生について、もう一歩掘り下げて詳しく説明します。

 

Echoと音楽配信サービス

Echoは「アレクサ、ジャズかけて」と、これだけで、簡単プレイ可能です。

物理操作が不要

電源オンもアプリ立ち上げも一切不要!

「スキップして」「リピートして」「この曲何?」等ほぼ何でも応えてくれます。

具体的には以下の音楽配信サービスで再生可能です。

 

Echoで使える音楽アプリ

以下のメジャーサービス「以外を」使っている人は、Echoに対応していないので注意しましょう。

エコーで使える音楽アプリ
  • Amazon Music
  • Apple Music
  • Spotify(無料プランは非対応)
  • dヒッツ
  • 歌パス
  • AWA

Echoと相性が抜群なアプリは、言うまでもなく「Amazon Music」

※Amazon Musicは無料プランにも対応しています。

 

Amazon Musicとの相性

Amazon Musicでできることがこちら。

「アレクサ、この曲をマイミュージックに追加して」

Amazon Musicなら、アレクサに言っておけば自分好みのライブラリに追加できます。

次回以降、ライブラリを指定して再生する、という使い方ですね。

「アレクサ、このアーティストをフォローして」

「ながら作業中」でも「あ、この人フォローしよ」と思ったらアレクサに言うだけでOK!

フォローしておくと、新作など、最新の情報を通知で受け取れたりできますね。

「アレクサ、お気に入りの曲かけて」

フォローしたり、好きと伝えておいた曲を選曲して流してくれます。

「この曲に似た曲を探して」といったこともできますよ。

※「Amazon Music Prime」はAmazonの「プライム会員」の人なら課金無しで使える神サービスです。

Echoを買うなら「プライム会員」の特典をもう一度おさらいしておきましょう!

【無料?お得?使い方は?】全部わかります!Amazonプライム総まとめ!

 


 

巨大マーケットになりつつある「聴くサービス」は、読書のあり方も変えています。

次は、Echoで「本を聴く」というライフスタイルをチェックしてみましょう。

目次でチェック

 

Echoと読書

Echoを使うと、Amazonで購入した電子書籍も大活躍します!

電子書籍の時代

「聴く読書」の例がこちらです。

  • Kindleで買った電子書籍の読み上げ
  • プライム会員なら無料で使える「Prime Reading」
  • オーディオブックの「audible」

 

「本を聴く」スタイルの例

「本を聴く」スタイルだと、「アレクサ『海辺のカフカ』を読んで」

と、お料理中の読書が可能です。

また、バスルーム!での小説は、なんとも新鮮で有意義!

就寝前に「アレクサ、1時間後に止めて」と言っておけばとてもいい感じです!

 

「ながら読書」は、効率的な時間の使い方のトップランカーと言っても過言ではありません!

 

「ながら読書」でおすすめアプリ

「ながら読書」で使える一番のおすすめは「audible」(オーディブル)。

「本を聴く」スタイルのAmazonの人気サービスです。

✔「audible」の特徴

  • 書籍数が12万冊以上
  • 課金無しで聴き放題
  • ナレーターのレベルが別格

Amazon「audible」の詳細がこちらです。

 


 

Echoの使い方はかなり幅広いので、一つだけ番外編を紹介しておきます。

 

番外編

Echoは世界中でメガヒット中なので、当然、多言語に対応しています。

マルチリンガルモードで英会話

Echoでこんな使い方も?

その一つが「英会話の練習」です。

Echoに搭載されているアレクサは多言語に対応しているので、例えば英語で話しかけると英語で応答してくれます。

これを利用して、

日常生活でナチュラルに英会話に慣れ親しむ、

Echoはそんな使い方もできます。

Echoで英会話

言語設定のやり方

言語の切り替えは、事前に設定が必要ですが、その設定の仕方がこちらです。

「アレクサ、日本語と英語で話して」

以上で設定完了!

 

英会話の例

コトバは教科書で覚えるよりも、実際に使えてナンボです!

アレクサにどんどん英語で話しかけて、英語脳を染み込ませましょう!

✔英語での会話例

「Alexa, paly music I like」

「Alexa, play news from NHK」

「Alexa, set a timer for 3 minutes」

「Alexa, what’s the weather on weekend?」

「Alexa, do I need an umbrella today?」

「Alexa, wake me up at 8 am」

単語がわからないときは、それ自体をアレクサに聞けば教えてくれます!

 


 

最後に、Echoに関するよくある質問です。

 

FAQ.よくある質問

Q
Echoはバッテリーで動く?
A

Echoはバッテリーでは動きません。

全シリーズ「電源駆動」です。

とはいえ、庭やテラスで使いたい場合は、別売のバッテリーベースを使えばOK。

Q
EchoとAlexaの違いは?
A

「Alexa」は、Amazon開発の音声アシスタントの愛称です。

「Fire TV Stick」など他のAmazon製品にも「Alexa」は搭載されています。

一方「Echo」はスピーカーやディスプレイを音声操作できる製品の名前。

「Echo」含め、色んな製品の中に「Alexa」が搭載されています。

Q
スマホやタブレットとの違いは?
A

Echoは、基本的に1箇所に据え置いて使用します。

そのため、どのモデルも十分な出力のあるスピーカーを備えています。

また、Echoはスマートホームハブとしての役割があることも、スマホやタブレットと決定的に違う点です。

Q
スマホやタブレットとの違いは?
A

Echoは、基本的に1箇所に据え置いて使用します。

そのため、どのモデルも十分な出力のあるスピーカーを備えています。

また、Echoはスマートホームハブとしての役割があることも、スマホやタブレットと決定的に違う点です。

Q
使い方はカンタン?
A

Echoの使い方は「簡単」と言い切れます!

なぜなら、分からないことは、それ自体を「Alexa」に聞けば教えてくれるからです!

 

以上です!

詳しいリンク先を、もう一度以下にまとめておきます!

Echoの売れ筋ランキングはこちら

 

最安モデル!話しかけるだけで、音楽、ニュース、天気、時間、家電操作など次世代ライフスタイルに!


高さ10cmのコンパクトなスマートスピーカー!音質向上!部屋に入ると自動で照明オンが可能!


音質が一層ダイナミックに!広い部屋でもラジオやオーディオブックまで聞ける!


ハンズフリー、スマートホームに加えて、AIを駆使した圧巻・超絶のサウンドパフォーマンス!


PrimeVideoやNetflixなどの動画視聴が可能!外出先から内蔵カメラにアクセスして防犯対策も簡単に!


少し大きめのiPadサイズ。13Mのカメラと自動フレーミング機能付き!


ディスプレイ付きに加えてプレミアムサウンドも!全てのEchoハイレンジ機能を兼ね備えた最上級モデル!


スタイリッシュな壁掛け、スタンド置きタイプ!


\お手頃なエントリーモデル/

「Echo Pop」

セール時3,500円前後


\コンパクトなまま進化/

「Echo Dot」

セール時4,500円前後


\スマートホームへの進化/

「Echo」

最安時6,980円!


\圧巻の超絶サウンド!!/

「Echo Studio」

最安時19,980円!


\スマートディスプレイ!/

「Echo Show 5」

最安時2,980円!


\コンパクトなまま賢い/

「Echo Show 8」

最安時9,480円!


\実質最上級!/

「Echo Show 10」

最安時22,980円!

 

\部屋に溶け込むスマート/

「Echo Show 15」

最安時20,000円!

 

おさらいはこちら!

  1. Echoの種類
    1. 大きく分けて2種類
  2. Echoの「スピーカータイプ」
    1. 「Echo Pop」
    2. 「Echo Dot」
    3. 「Echo」
    4. 「Echo Studio」
    5. 「スピーカータイプ」の振り返り
  3. Echoの「ディスプレイ付きタイプ」
    1. 「Echo Show 5」
    2. 「Echo Show 8」
    3. 「Echo Show 10」
    4. 「Echo Show 15」
    5. 「Echo Show 15」の注意点
    6. 「ディスプレイタイプ」の振り返り
  4. あなたはどのタイプ?
  5. Echoとスマートホーム
  6. Echoと音楽配信サービス
    1. 物理操作が不要
    2. Echoで使える音楽アプリ
    3. Amazon Musicとの相性
  7. Echoと読書
    1. 電子書籍の時代
    2. 「本を聴く」スタイルの例
    3. 「ながら読書」でおすすめアプリ
  8. 番外編
    1. マルチリンガルモードで英会話
    2. 言語設定のやり方
    3. 英会話の例
  9. FAQ.よくある質問