【箇条書きで見る】大学職員の志望動機「あなたがウチの大学を志望した理由を教えてください」と聞かれたら?

更新日:

 

 

(面接官)「あなたがウチの大学を志望する動機を教えて下さい」

 

 

でた!この質問!

 

面接会場で、おもむろに緊張感が走る瞬間ですよね。

でも、このとき、面接をする側の感覚は次のとおりです。

 

 

(面接官)『ま、ウォームアップ程度にどうぞ』

 

 

といった程度の心理状況。

 

正直そんな期待してません

 

応募者の志望動機は、大体がレポート発表のような無機質な感じ。

心に刺さる志望動機には、滅多にお目にかかりません。

 

内定者でさえグダグダの志望動機だったりします

 

逆に、志望動機という「プレゼン」が満点だったとしても、かといってそれが内定に直結するかというと、そうでもありません。

 

あくまで面接は総合判断だからです

 

とはいえ、何も対策しないわけにはいかないのが志望動機。

 

では、どんな対策が役に立つのでしょう。

順を追って見ていきましょう。

 

大学職員の志望動機【教育機関で働きたいから】

「教育機関で働きたいから」大学職員を志望する

まずは、絶対に外せない、基本トピックから。

 

「教育機関で働きたいから」

とコメントしたいとき、

その理由付けとして、使いたいキーフレーズはこんな感じです。

 

例【1】

 

✅ 教育への貢献は、社会への貢献そのものだと思うから

 

 

例【2】

 

✅ 特に、高等教育は、経済も、法律も、科学も、政治も、全てを下支えする、なくてはならない人間社会の土台であり続けてきたから

 

 

例【3】

 

✅ そんな各分野で教育を受ける学生の舞台を、絶対的に支えるような仕事をしたいから

 

 

例【4】

 

✅ 社会人になってみてはじめて、教育が持つ、そんな影響力を痛切に感じているから

 

 

例【5】

 

✅ そして、売上主義で一生懸命になるのではなく、社会に役立つことに人生の多くの時間を使いたいと思うようになったから

 

 

こんな視点をヒントに、自分の言葉として言えるように熟成させてみてください。

 

大学職員の志望動機【研究機関で働きたいから】

「研究機関で働きたいから」大学職員を志望する

 

このトピックも外せません!

 

 

一般的には、大学って、単なる「学校」というイメージかもしれません。

 

ですが、内部関係者の感覚は、大学をこの「研究機関」として捉えている方が、かなりの割合を占めています。

 

なので、この視点で志望動機を語る応募者は、

 

(面接官)「よくわかっているね」

 

という面接官の印象につながりやすいですよ。

 

 

ということで、理由付けとして使いたいフレーズはこんな感じ。

 

例【1】

 

✅ 医学も、インターネットも、科学技術も、人類の歴史を変えてきたのは、研究だと思うから

 

 

例【2】

 

✅ 例えば、iPS細胞も、wwwも、電気自動車、宇宙開発、法律、歴史まで、全ては基礎研究を出発点として、今の形になっているから

 

 

例【3】

 

✅ そんな研究機関を支える黒子として、事務職員の存在は欠かせないと思うから

 

 

例【4】

 

✅ たった一つのテーマに人生をかけて、深く、究極までに追求している研究者の方々は、尊敬に値すると思うから

 

 

例【5】

 

✅ そんな尊敬できる人々を支える仕事をしたいから

 

 

徐々に焦点を絞っていきましょう!

 

大学職員の志望動機【事務職員として大学で働きたい】

事務職員として働きたい

 

(面接官)「じゃあ、何で研究者や教育者ではなくて、事務職員になりたいんですか?」

 

さあ、こんな時はどう答えましょうか。

 

例【1】

 

✅ 教育者や研究者だと、ある特定の研究や、目の前の学生だけが対象になってしまうから

 

 

例【2】

 

✅ 事務職員だと、より広く、教育・研究組織全体に貢献できると思うから

 

 

例【3】

 

✅ そもそも自分は、今は企業で働いているので、組織的な行動や、チームプレーが得意だから

 

 

例【4】

 

✅ そして、表舞台に立つ学生や教員を、舞台裏でしっかりと支えるようなポジションが、自分には合っているから

 

 

例【5】

 

✅ 入試業務や教務事務、管財や研究支援など、大学での事務活動は、自分に合っていると思うから

 

 

といったコンテンツを盛り込むと、それなりレベルの志望動機をコメントできると思います。

 

ただし、こんなコメントをする以上は、具体的に入試や管財などの、大学での仕事内容を的確にイメージしておく必要がありますね。

試しに、こちらの記事も参考にしてみてください。

この程度が大まかにつかめていれば、そのレベルで十分です。

 

大学職員の志望動機【●●大学で働きたい】

「●●大学で働きたい」の答え方は難易度が高い

 

(面接官)「じゃあ、なぜウチの大学なんですか?」

 

これ、応募者が困る質問「ナンバー1」じゃないでしょうか

 

でも、以下のような視点だと、印象としては悪くないです。

 

「●●大学で働きたい」の回答例

以下の、▲の部分を死ぬほど暗記して本番に臨みましょう。

 

例【1】

 

✅ ●●大学は、▲件もの「大学間国際交流協定」を結んでいて、しかも▲年前より▲%も増えている

 

 

例【2】

 

✅ ●●大学の受験者数は▲人もいて、都市部(関西圏、九州etc)で▲番目に多い

 

 

例【3】

 

✅ ●●大学の「事業報告書」を過去5年分見てみて、大学として魅力を感じた

 

 

例【4】

 

✅ ▲学長は、文部科学省の▲審議会の座長をつとめていて、●●大学は社会活動にも積極的に映る

 

 

例【5】

 

✅ そんな●●大学の一員として、帰属意識が持てるような働き方をしたい

 

 

「●●大学で働きたい」の回答ポイント

💡 POINT【1】

 

上記の▲の部分は、その大学でしか使えないコメントです。

 

予習は大変ですが、それだけに志望度は強烈に伝わります。

 

 

例【2】

 

✅ ●●大学の受験者数は▲人もいて、都市部(関西圏、九州etc)で▲番目に多い

 

 

💡例【2】の POINT

 

私立大学には建学の精神があり、独自の理念でその存在意義を重視しています。

 

なので「関西圏でも」とか「単科大学の中でも」など、一歩踏み込んだ角度のデータで表現をすると、私立学校関係者としては嬉しくなります。

 

 

例【3】

 

✅ ●●大学の「事業報告書」を過去5年分見てみて、大学として魅力を感じた

 

 

💡 例【3】のPOINT

 

「ホームページを見た」だと、それだと100人中の100人と同じコメントです。

 

「事業報告書を見た」とコメントするだけで、「おっ♡わかってるね。」と面接官に印象付けられます。

 

 

「事業報告書」も結局は大学のホームページの中にありますけど!

 

例【4】

 

✅ ▲学長は、文部科学省の▲審議会の座長をつとめていて、●●大学は社会活動にも積極的に映る

 

 

💡 例【4】のPOINT

 

「文部科学省の▲審議会」などは、日頃からニュースなどで教育関連に興味関心があることを裏付けられます。

 

実際はそうじゃなくても、学長の社会活動の実績は、検索すればいくらでもネタとして出てきます。

 

 

例【5】

 

✅ そんな●●大学の一員として、帰属意識が持てるような働き方をしたい

 

 

💡 例【5】のPOINT

 

大学は「先生と生徒」という関係が生まれる場所であり、また、学生には「母校」となる場所、といった、企業にはない特別な存在価値があります。

 

なので、ただの職場として見るのではなく、その「コミュニティの一員として加わりたい」、という視点で「帰属意識」といった用語がいい感じでハマりやすいです。

 

 

 

大学職員の志望動機【印象に残る「話し方」】

印象に残る「話し方」

次は、別の切り口から見てみましょう。

印象に残る志望動機は「話し方」にもあります。

 

印象に残る「話し方」の具体例

例えばこんな感じが、いい感じの話し方です。

 

志望動機を聞かれた時、

 

「はい、●●という点で大学職員を志望しています。」
⬇︎
「と言いますのも、●●だからです。」
⬇︎
「例えば、●●などがそれにあたります。」
⬇︎
「ですので、●●という点で、私は大学職員を志望しています。」

 

こんな話し方の「骨組み」があれば、聞いていて安心感を感じます。

 

 

「。」のある話し方、そして適切な「接続詞」でつなげば、起承転結のある、大人感のある話し方になりますね

 

印象に残る「話し方」の秘訣は「PREP法」

これ、転職エージェントなどを利用している人なら基本中の基本かもしれませんが、

 

「PREP法」そのものです

 

 

これができている応募者は、

 

 

浮き出るように「採用したい感」が漂います。

 

 

軽く解説すると次のような感じです。

 

Point ;まず結論をコメント

 

Reason ;その理由をコメント

 

Example ;簡単に例をコメント

 

Point ;再び結論をコメント

 

それぞれの頭文字をとって「PREP法」ですね。

 

これだけで、

「まとまりのある話し方」になるのはもちろん、

「質問に対する答え」から外れることもありません。

 

応えるときは短くてもOK

そして、それぞれのコメントは短くて大丈夫です。

むしろ短くて、まとまった話し方をする人の方が、事務職員に向いていると思われます。

 

「教員は話が長い!」、それに対して「職員は話を簡潔に!」というのが不文律の組織文化だからです

 

面接官主導を意識

聞きたいことがたくさんあるのが面接官心理。

でも、話したいことを山ほど準備してくるのが応募者。

そんな構図ですが、面接で良い印象に繋がるのは、

 

 

「聞きたいことに、気持ちいいくらい簡潔に応えてくれる人」

 

 

です。

 

話の骨組みを徹底する

逆に、言いたいことを盛り込み始めると、このPREPが崩壊します。

言いたいことを我慢してまででも、PREPの鉄則を守りましょう。

 

そうすることで、安心感のある、大人感のある話し方になって、面接官への良い印象につながっていきます。

 

あくまで面接は総合判断!

 

 

大学職員の志望動機【印象が悪い例】

最後に、ネガティブな印象につながりやすい志望動機のパターンを挙げておきます。

印象が悪い例【1】長い志望動機

エントリーシートに書いてあるままの志望動機を、長々と棒読みするようなパターンは厳しい評価につながります。

具体的には、3分以上話すと、「長いなぁ」、という印象になってくると思っていいでしょう。

 

冒頭で示したことを、ここでもう一度挙げてみますね。

 

(面接官)『ま、ウォームアップ程度にどうぞ(あまり期待もしていませんよ)』

 

 

志望動機を聞くときはこの程度の心理状況。

その後の面接の流れを作れればいい、

という程度の感覚が、面接官側の頭の中です。

 

にもかかわらず、クドクドと話されると、面接官側のリズムが乱れます。

しかも、長いと、たいてい何が言いたいのかよくわからない空回りアピール、

もうその時点でアウトです。

 

印象が悪い例【2】志望動機を聞いてるのに、自己PRまで話すパターン

「結論から話して結論で終わる」

「質問に対する簡潔でまとまった応え方」

これらができていれば、聞かれていることから外れてしまうことにはなり得ません。

 

ですが、特にトレーニングもせず、一発勝負で志望動機を語ってしまうと、「話の骨組み無く」トークしてしまいます。

結果、話してるうちに、勝手に別の自信アリな点にギアが入ってしまい、聞かれていることとは違ったことを熱く語ってしまう人が多いです。

 

このパターンは、コミュニケーション能力を疑われる評価につながります。

 

印象が悪い例【3】面接全体と一貫性がない志望動機

志望動機では、「舞台裏で黒子として、完璧な大学の事務運営に貢献したい」

と地味キャラを売っていたのに、その後、自己PRになると、

「現職では新商品のセールス開拓で多額の売り上げ増加に貢献した」

と有能ビジネスパーソン風をウリにしてしまう、

などが、「一貫性が疑われる」パターンです。

 

単なる話し上手なだけで、「実は思慮が浅い」、と言ったマイナス印象にも繋がります

 

地味だけど堅実なキャラを大学事務で活かしたい、とするのなら(これって大学職員にはストライクのキャラです)、どんな角度からの質問に対しても、基本同じ軸に話を持っていけるように応えていくべきです。

 

印象が悪い例【4】建学の理念に共感した、という志望動機

残念ながら、建学の理念を志望動機にされても、

(面接官)『それ、昨日考えてきた志望動機でしょ〜』

みたいな感覚になります。

あまりにも浅い志望動機の典型例ですね。

 

印象が悪い例【5】学生のために、という志望動機

「学生たちがもっと●●しやすいように●●したいです」

とか、

「キャリア相談や留学相談で、学生にもっと有益な情報を提供できる職員になりたいです。」

などは、とても残念な印象につながります。

 

学生と接点を持つような部署は、全体のほんの一部だけ。

職員の仕事領域を、イメージだけで捉えることしかできないタイプ、という印象につながります。

 

大学職員の志望動機【まとめ】

だいぶ長くなってきたので、今回の記事は以上で終わりにしたいと思います。

 

ここまで読んで下さった人、そして、この記事が参考になったと思った人は、すでに「内定に至るアンテナ」を備えていると思います。

そこから先はあと一歩、

 

絶対に第三者からの的確な意見やコメントをもらって面接に臨むべきです。

 

 

職員関係者の知り合いなどがいなければ、転職サイトや転職エージェントから情報を収集することも必須条件。

 

おすすめは、やはり鉄板の「リクルートエージェント」です

 

 

 

大学職員への転職サイト選びに慎重になる人は、⬇︎こちらの記事も参考になると思います。

 

【チェック必須の転職サイト】大学職員を目指す場合の転職サイトの使い方はこちら「ランキング形式で紹介します!」

 







-働く, 大学職員, 転職活動
-

Copyright© AI Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.