【Mac】Finder【ファイル名を一括変換する方法】

更新日:

 

MaのFinderにはいろいろな便利機能がありますね。初心者の画像

 

この記事では、

  • ファイル名を一括変換、
  • かつ、自動的に連番を振る方法

を紹介します。

 

増える一方の膨大な数のファイル。

 

収拾がつかなくなる前に、定期的に整理整頓しておきましょう。

 

WindowsからMacに乗り換えたばかりの方も、基本的にはエクスプローラーでやってることとほぼ同じやり方ですので、参考にしてみてください。

 

ファイル名を一括変換する方法

変更前の対象ファイル

今回は、下にあるファイル「before1」から「before7」の7個のファイル名を一括変換してみます。対象ファイルの画像

ファイルを選択

一括変換したいファイルを選択します。

ファイルを選択します。

メニューバーから「ファイル」を選択

メニューバーから「ファイル」をクリック、「7項目の名前を変更...」を選択します。

または右クリックでも同様にできます。

選択画面

コマンドを選択

Finder上にコマンドを与える画面がポップアップされます。Finder上のコマンドを選択します。

フォーマット

上の「4.」のポップアップで、ドロップダウンによって「フォーマット」を選択します。

これにより、指定したファイル名に完全に置き換えられることになります。

フォーマットを選択します

名前のフォーマット

上の4.のポップアップ中、「名前のフォーマット:」の箇所で、連番の振り方を選択します。

以下のように3種類から選択できます。

連番の振り方を選択名前と日付名前とインデックス

実行

今回の例では、以下のように指定して実行してみます。

変更後のファイル名は「after」としたい、として「カスタムフォーマット:」にそのように入れています。

「名前を変更」をクリックします。

実行画面

完了

これで終了です。

ファイル名が一括変換され、連番が振られました。

終了画面

簡単ですね!

 

まとめ

 

 

バナー画像







-Mac, PC
-,

Copyright© AI Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.