Macショートカットキーの覚え方【Controlキーを駆使したミニマルな厳選小技を紹介】

投稿日:

 

Macショートカットキーの覚え方【Controlキーを駆使したミニマルな厳選小技を紹介】のバナー画像

 

日常的にPCでテキスト入力の機会が多い方。

ショートカットキーの恩恵は体感していることと思います。

そこでこの記事では、テキスト入力の作業効率にリアルに直結するものだけを厳選してみました。

 

 

ここでご紹介するのは基本的にはプログラマー向けの操作。

 

Windowsには無い役割を持つ「Controleキー」を集中的に使う点が特徴です。

 

ですが、テキストを入力するという意味ではプログラマーとの垣根はありません。

 

効率的なものばかり、全て身につけるべきテクです。

 

 

 

以下のもの全てが身に染み付くと、Macでの作業スタイルが激変!

 

2〜3日かけて強制的に、意図的に使ってみれば、すぐに吸収できますよ!

 

 

では順を追って見ていきましょ〜

 

テキスト入力の作業効率が上がるショートカット一覧

 

行頭にカーソルを飛ばす

control + Aの図解の画像

control + Aの図解の画像

「control + A」でカーソルを行頭にワープさせられます。

「あたま」の「A」で覚えられますね。

 

文末にカーソルを飛ばす

control + Eの図解の画像

control + Eの図解の画像

「control + E」

エンドの「E」ですね。

慣れると使用頻度はMaxレベルです。

 

語句の先頭にカーソルを飛ばす

ちなみにcontrolキーではありませんが、

「option+左右矢印キー」で、単語単位でカーソルを移動できます。

 

変換候補の確定

「control + M」で変換候補を確定する図解の画像

「control + M」で変換候補を確定する図解の画像

「control + M」で変換候補の確定。

エンターキーが不要になります。

使い慣れると圧倒的なスマート操作に!

 

改行

control + Oの図解の画像

 

control + Oの図解の画像「control + O」で改行。

アルファベットのオー。

 

カーソル右側の文字を削除

control + Dで文字を削除する図解の画像

 

control + Dで文字を削除する図解の画像「control + D」

削除キーの代用ですね。

これも使用頻度Topレベル!

 

カーソル左側の文字を削除

control + Hの図解の画像

 

control + Hの図解の画像「control + H」

「ひだり」の「H」で記憶できます。

 

カーソルから文末まで一気に削除

control + Kの図解の画像

 

control + Kの図解の画像「control + K」

慣れると使用頻度増し増し!重宝します!

「きりとり」の「K」で覚えます。

 

貼り付け

「control + K」で切り取ったテキストを、

「control + Y」で貼り付けられます。

 

これらはカット&ペーストと似た操作。

しかもカット&ペーストとは別のクリップボードで使えます。便利!

 

 

controlキーを駆使すると、以下のとおり矢印キーも操作不要になります。

 

 

カーソルの上下左右移動

「control + F」でカーソルを右へ移動

control + Fでカーソルを右に移動させる図解の画像

 

FrontのFで覚えられますね。

 

「control + B」で左へ移動

control+Bでカーソルを後退させる図解の画像

 

BackのBです。

 

「control + P」でカーソルを上に移動

control+Pでカーソルを上に移動させる図解の画像

 

Previous。

 

「control + N」で下に移動

control+Nでポインタを下に移動させる図解の画像

 

Next。

 

 

最後にControlキーを使った文字変換操作を。

 

 

文字変換

「control + U」でひらがなに変換

control+Uでひらがな変換させる説明の画像

通常のスペースキーでの変換だと、なかなか平仮名候補まで辿りつきません。。

しかしこれなら一発。

 

「control + I」でカタカナ変換

control+Iでカタカナに変換させる説明の画像

 

アルファベットの「アイ」。

 

「control + O」で半角英数字に

control+Oで半角英数字に変換させる説明の画像

 

アルファベットの「オー」。

 

この記事の特徴

今回ご紹介した、Controleキーを使ったショートカットの特徴は以下のとおり。

 

  • エンターキーを使わなくていい
  • 矢印キーを使わなくてよくなる
  • 削除キーも使わなくてよくなる

 

そのため、これらを覚えると右手を大きく動かさなくてもいい入力スタイルに。

なので「ペチン!ペチン!」とエンターキーを叩く音も激減!

そして必然的に、

 

  • キーポジションを維持したままで全操作ができる
  • 「F」と「J」に両人差し指を置いたままで操作ができる

 

となるので、とてもスマートに、そして知的にキーボード操作ができます。

結果、ミニマリスト的な入力スタイルに激変しますよ!

 

まとめ

 

 

併せてこちらもどうぞ

 

バナー画像

 

その他

» Appleの公式サポートサイトでは、様々なショートカットキーの一覧が網羅されています。

それをみると、一見、数が多くて逆に尻込みするかもしれません。

ですが、慣れれば一定の法則が見えてきます。

そのコツが掴めれば、あとは簡単。

すぐに身につきますし、いろんなパターンに応用も効くのでおすすめです!







-Mac
-,

Copyright© AI Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.