【対処法を3つ】Mac文字変換で半角スペースが勝手に入ってしまう「超簡単に解決できます!」

更新日:

 

【対処法を3つ】Mac文字変換で半角スペースが勝手に入ってしまうの記事のバナー画像

 

Macで半角スペースが勝手にできてしまう時の対応

 

Macで文字変換中に、勝手に空白スペースができてしまう現象が生じることがあります。

 

【対処法を3つ】Mac文字変換で半角スペースが勝手に入ってしまう「超簡単に解決できます!」の説明画像

 

Macユーザーにはそれなりによくある症状。

ところが、今のところ根本的な原因と対処法は、Appleサポートでも公表されていません。

 

 

とはいえ、対処療法的な回避方法はあります。

 

私の場合はこの1年で4回ほどこの症状が発生し、いずれも以下の方法で改善できています。

 

 

 

Macで半角スペースが勝手にできてしまう時の対処法【その1】(Macライブ変換を止める)

この症状は、Macの入力ソースをライブ変換にしている場合によくある症状。

ですので、ライブ変換を止めれば、勝手に半角スペースができる症状が改善されます。

「ライブ変換」への画面遷移

「システム環境設定」→「キーボード」→「入力ソース」

「入力ソース」内の「ライブ変換」のチェックを外す。

「ライブ変換」への画面遷移の図解

 

ですが、Macのライブ変換に慣れると、結構使い勝手がいいという人もいるはずですよね。

できればライブ変換モードは維持したままで、半角スペースの問題を改善したい。

そんな方は、次のやり方を参考に。

 

 

Macで半角スペースが勝手にできてしまう時の対処法【その2】(変換履歴を「リセット」)

次の対処法は、変換履歴を「リセット」するやり方。

そうすれば次回以降の変換時には、勝手に空白スペースができる症状は発生しません。

「変換履歴」への画面遷移

「システム環境設定」→「キーボード」→「入力ソース」

「入力ソース」内を一番下までスクロールさせると、「変換学習:」の項目があります。

ここで「リセット」を行えます。

「変換履歴」への画面遷移の図解

 

 

Macで半角スペースが勝手にできてしまう時の対処法【その3】(変換履歴を「更新」)

3つ目の方法は、変換履歴を「更新」するパターン。

ライブ変換時に、よくよくMac画面上で変換候補を見てみてください。

候補の時点で、既に余計な半角スペースが入ったままの状態ではないですか?

更新方法

この場合の解決法は簡単。

変換候補中に、半角スペースを削除してから確定(エンター)をすれば、変換履歴は上書き更新されます。

そうすれば、次回以降はそのMacの中の最新の変換履歴が適用されますね。

すなわち空白スペース無しの状態でライブ変換されることになります。

これで、勝手に半角スペースができてしまう問題が解決できます。

 

 

Macで半角スペースが勝手にできてしまう時の対処法【まとめ】

 

 

バナー画像

 







-Mac, PC
-,

Copyright© AI Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.